FC2ブログ

セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・Θ・)

プロフィール

ココ

Author:ココ
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

最新記事


ツビくんを、ツったんとかツピっちょくんとか呼ぶこともあります。
とっちゃんさま、実にナイスネーミング(*^^*)



tsubihogusared.jpg
ツビくんは噛みつきます。
すっぽんのように…(-ω-;)
仕方ないよね、手が嫌いなんだもの。




tsubimoimoi1.jpg
ストッパーを利用して、頭以外は上手に羽づくろいします。



tsubimoimoi2.jpg
もっふもふ。



tsubiwaaaarm.jpg
羽づくろいのあとはのんびり「あったか~い」。



tsubiplus.jpg
放鳥時はミネラルを補給します。




tsubimamoru.jpg
カーテンボックスの上にいる朔を気遣うツビくん。





sakunoneck.jpg
ちょっと淋しい朔ちゃん。




窓を開けて空気を入れると、
野鳥の声がよく聞こえます。
tsubiandpino.jpg
その鳴き声に張り合うぴのこ。




pinoyakamashi.jpg
ビビりな子ほど大きい声を出すそう。
アキクサインコはだいたい静かなのですが、
ぴのこはモモが「ジジッ」って文句言うほどうるさいです(^^;)




pinocolookatrei.jpg
野鳥はそんなのおかまいなく元気になわばりを主張しています。
ぴのこ、つい玲ちゃんを見る。



reiup.jpg
玲ちゃんは外飼いの鳥さんだったので、
そこまでビビりません。






reinexttopinoco.jpg
やっぱり玲ちゃんのそばが落ち着くね。
もっちり、もっちり。




momonexttohal.jpg
ふと気づくとケージ越しに寄りそうモモとハル(・m・ )クスッ







tsubibye.jpg
またね。



スポンサーサイト
相変わらず撮影困難なココとリリ。
さ、リリさんごあいさつしなさい。





lily2.jpg




lily3.jpg
はい、よくできました。
次はココさんです。



cocoochiri.jpg
ココのチャームポイント。
おなか側の空色薔薇色ゾーンと黒いお爪。
(爪が黒いのは我が家ではココだけなので)



cocokamenoyona.jpg
アイリスリングと鼻毛にご注目。


cocouttaeru.jpg
目は口ほどにものをいう、ですね。

ごめんごめん、次の撮影は保定なしにしようね。




kaiup.jpg
自主帰宅しないとタモで捕獲されると学習し、
放鳥後はすみやかにケージに戻る開さん。





kanuhal2.jpg
モモのケージの手乗り扉が気に入ったハル。
こないだ放鳥後に2羽をケージに戻そうとしたら、
すでに、あべこべに入ってて、そのまま扉を閉めました(*´艸`*)
でもちょっと手のり21はハルには狭そうだったな。



yametehal.jpg
はげしい換羽中でも可愛いハル。




momo1.jpg
モモは手乗り扉で飼い主と見つめ合うのが好き。



momo3.jpg
朝夕投薬時はジージー大騒ぎしますが、
それ以外は人懐っこいモモ。
いい子いい子。


またね。
前回の更新からまた10日も経ってしまった…
ちょっとぼーっとしてるとこれです。



リースに座ってみるナナちゃん。



househunting.jpg
開ちゃんをともなって巣を探すナナちゃん。



nanasfeeling.jpg
アキクサインコのオスはたいへん健気です。




kaisfeeling.jpg
初めは、朔と開をペアにしようとしていたんですが、
ちっともくっつかなかったんですよね。
相性があるとは知らなくて。

開は気の強い女子が好きなのに、朔はあんぽんたんだった。
朔はまた、愛情表現を惜しまないツビくんと相性がよかったのですね。




mattalico.jpg
ナナがベタ馴れなので、開の行動範囲はそれに準じています。
飼い主の部屋にも入ってくるし、床にもふつうに歩いています。
(荒鳥のぴのこが落ちる以外で床に降りたことはまだないです)




largekai.jpg
ミラクル。
ナナには開が、開にはナナがいてよかったなあ。



<おまけ>
ナナの「きゅぴっ」。
超短い動画です。




今日は玲ちゃんメインです。



玲和
「令和」はいいネーミングですが、ちょっとこう、色気が足りません。
私の中では「玲和」に変換されてしまい、
「令和」を見ると「王へんが足りない」と感じてしまいます((*´∀`*))



protect.jpg
玲ちゃんを撮っていると割り込んでくるぴのこ。



likeapig.jpg
やっと正面で人間を見るようになりましたね。
3年半近くかかりましたか。
ぴのこは4歳半で、我が家では一番年下、
玲ちゃんが9歳くらいで最年長(詳細不明)。



ownershands.jpg
開閉式止まり木=飼い主の両手。
ライトの当たるところで玲ちゃん撮影会。



敏い
両目が見えなくなった当初は、いくらでも接近できたのですが、
さいきんはカメラのピントを合わせる音でバレてしまいます。




長っ
とにかくおとなしいです。
捕まえて筆毛をほぐそうとすると、強く噛んできますが。




「おうち帰ろっか」と声をかけると、
指を玲ちゃんの胸に押し当てる前に足を上げてたりして、
可愛いったらないです。

玲ちゃん、うちに来て幸せかい?

幸せかい
とりあえずこの冬は越せたのでほっとしています。
食欲も旺盛でオーツも夕方のおまけのごはんも、モリモリ食べています。

あとは止まり木の距離を少し小さくしたいけど、
変えるとマズイかな~とか考えています。


※※※

キュートに小首を傾げるリリ、ではなく…
威嚇
正面からガンつけてくるリリさんです。




不時着
朔の右の翼の肉芽腫(or骨肉腫)はあまりよくありません。
ときどきうまく飛べないことがあります。



still.jpg
飼い主が救出にいくと、素直に待っている朔ちゃんです。





ツンツク山
ツンツク山にハルが来た。
ニット帽かぶってない時に…!



危険
危ないからやめときな!



嫉妬
肩ではモモがこんな顔してた。


それではまた。

ごめんなさい<(_ _)>。
飼い主も10羽のインコも生きてます、元気です。


さて、モモですが、投薬時はこんな感じです。

遠慮がちにクチバシを当ててきます。

注射と投薬を併用しています。
獣医さんは、注射だけで様子を見てみる?
と提案してくださったですが、
観察していると投薬が効いている気がしました。

ためしに1日投薬しないでおりましたら、
やはり足が痛くなるようでした。

その薬には、犬の発情抑制に人間の薬を流用したものと、
抗生剤と、カルシウム剤などが入っているそうで、
その獣医さん独自の配合のようです。
(したがって何が効いているか判然としない)

犬の場合は避妊・去勢手術をすることが多いので、
むしろこの薬のほうが、
近所の動物病院では処方されないだろうとおっしゃってました。

私はこれを「イタクナクナール」と呼んでいます(*´艸`*)


CIMG4205.jpg
足が痛くなければ、ハルをモモと同時放鳥できます。
主に午後だけかな。
モモは右足に体重をかけていますが、痛いときは左足をひっこめています。



CIMG4207.jpg
2羽で飼い主の肩にも止まってくれます(゚´ω`゚)
足場が不安定だから、投薬で痛みが治まってないと実現しないこの光景。

モモを保定すると、
「こんなに小さい生き物なのになんて可愛いのだろう」
としみじみします。


はぁ平成最後の更新、間に合った!
またね。