セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • 体重測定

今日も簡単更新ですm(__)m


CIMG6359.jpg
何回見ても可愛いしっぽなし朔ちゃん。
左にある菜っ葉はサラダほうれん草。

ほうれん草はしぶしぶしてシュウ酸を含むので、
青菜ローテーションには最初から入っていませんでした。
『インコの食事と健康がわかる本』(細川博昭 著)には、
週に1、2度わずかな量を食べるくらいなら問題ないとありました。
逆にダメだったのが、ブロッコリー。
まあこれもハッキリ危険というわけではなく、いまのところ不明ってことらしいです。

我が家であまり与えていないものとしては、
ほかにサラダ菜(ボストンレタス)、水菜、パセリ。
もし食べればローテーションに加えたいです。

サラダほうれん草は、食べない子もいましたが、
初めてにしてはけっこう口をつけたな、と思います。
(残りを飼い主も食べたけど、アクもなくよかった)


CIMG6361.jpg
ぴのこと玲を出す前に、ツビくんと朔におやつを少量与えます。
以前は、朔はすぐに高いところに逃げていましたが、
今はちゃんとおやつをゲットしています。
ツビくん42g、朔38g。
他のペアと異なり、ここはオスが1g増、メスが1g減でした。
いまエサは6g。


CIMG6367.jpg
尾羽がないことにより、狭いケージのなかでのびのび動ける朔ちゃん。


朔はまことにあんぽんたんな子です。
体重測定のために荒鳥を全部捕獲して、プラスチックケースに入れました。
玲ちゃんなんか中でぐるぐる回って、しまいにうずらジャンプで天井から脱出。

それにくらべ、朔は、つかまえてもぽへ~、
プラケにいれてもぽへ~、として、
出すためにつかまえても、何事もなかったかのようにケージに戻りました。
あんぽんたんな子ほど可愛いな~。


体重2
メスの増量は、いまのエサの量をしばらく続けると落ち着いてくる気がします。
そのあとエサをもう少し減らすとぐっと体重も落ちそうです。

しずくは単にエサが多いのです。5gやってるから…4gにします。
ハルとぴのこが頑張っている。
おばちゃんも頑張ろう。


<おまけ>
なんでもないナナと開。

スポンサーサイト
  • セキセイとアキクサインコのダイエット

まずはご覧あれ!
CIMG6341.jpg
55gですって奥さん!ヽ(*゚Д゚*)ノ
5gも減った! 

まぁ同居のナナは42gで太ったままなんですけれど…

オス・メスペアでケージに入れておくと、オスのダイエットは効果が出やすいですね。
メスのほうにごはん優先権があるため。

開60g、ナナ42gで体重の10%ならエサ10.2gですが、
6~7%+おやつ少量ということになったわけです。

なお、エサの内容はカナリー抜きです。
 ヒエ40% キビ40% アワ10% オーツ5% オーチャードグラス5%
配合餌の脂質は2.9%と超低脂質です。
たんぱく質も10.5%と、繁殖には向かない低さかと思います。

カナリー抜きで、量は体重の6~9%という2条件で、
他のセキセイ・アキクサも徐々にですがダイエット効果が出てきました。

しかしながら…

CIMG6351.jpg
朔は産卵しています…



CIMG6352.jpg
擬卵だけ微妙に埋めています。
もうバレバレなのかな?
大きい擬卵どこにしまったかな…
あとはエサを2羽で5gにする最後の手をいつ出すか。

そして上の写真で分かるように、朔は夜明けパニックで尾羽全抜け。


CIMG6355.jpg
わー、物足りない感がはなはだしい。
朔ちゃん、大丈夫なの?



CIMG6348.jpg
あとで放鳥したら、ブレーキがかからないのでちょっと困ってましたよ(・m・ )クスッ


  • スパイラル(トルー)ライト


お、またやっております。ココです。


006_20150707084416400.jpg
暖を求めるあまり前につんのめりそうになっていました。


さて、マルカンのスパイラルライトが届きました。
ほんとうはワンタッチスタンドとセットで、電球をむき出しで使うものですが、
ヤザワのクリップライト「YAZAWA ダイヤリフレクタークリップライト CLED6022WH 」
と組み合わせました。
024_20150707084417a94.jpg


025_20150707084419495.jpg
電球の根元がずんぐりしてるので合うかどうか心配でしたが、
ギリギリセットできました。
長さもはみ出すことなくよかったです。



026_201507070844208e9.jpg
ほんとうは日光浴の代わりなので光を拡散してなんぼなんですが、
事前にネットで画像を検索したらやけにまぶしいみたいだったので。
直視できませんがな。

写真撮影の助けにもなるかと期待しましたが、
もう1個ライトがないと厳しいですね。
027_20150707084441db9.jpg


030_20150707084442711.jpg
おやつ置き場の近くにライトをつけたので、
自然に光を浴びる計算…じゃっかん避けてる感じの開。
でも逆光なのに撮れましたね。


034_20150707084444ad1.jpg
朔は高いところに逃げちゃいました。
高いとこのほうが目に光が入りにくい。
カーテンボックスの上で新聞紙をつついて遊んでいました。

取り付け位置やカバーをつけたことで、
日光浴効果は薄いと思われます。
早く梅雨が明けるといいな~。
  • 新しいエサとライト


みなさんこんにちは。
鳥さんとの生活がすっかり日常になり、ブログの更新が間遠になっております。



014_201507041632102bf.jpg
梅雨と二重窓のせいで部屋の光量がぜんぜん足りません。



020_20150704163211d04.jpg

021_20150704163213b41.jpg

024_20150704163226439.jpg
あらまあ!

026_201507041632285ff.jpg
きゃ~ヽ(*・ω・*)ノ
よかったね~ツビくん! ずっと片思いだったけど、
とうとうエサのプレゼントができたのね!



027_20150704163229675.jpg
あれ…?
朔、怒ってない??


028_20150704163230e8d.jpg
朔は威嚇のためにクチバシを開けて追い払うのですが、
どうやら、ツビくんが勝手にそこにエサを入れている模様。
そしてあんぽんたんな朔はついプレゼントを受け取ってしまってます。
まあいいか…ツビくんが幸せならば…(*´艸`*)


ところで今、ちょっとエサの配合を試行錯誤中です。

037_201507041645574ff.jpg
ヒエ45% キビ33% アワ5% カナリー7% オーツ5% オーチャードグラス5%
ヒエ・キビ中心で、アワとカナリーは少なめ。
ヒエが好きな、しずく・朔・ツビ夫くんに与えています。


038_201507041645592f8.jpg
ヒエ20% キビ45% カナリー25% オーツ7% オーチャードグラス3%
キビとカナリーが中心で、アワはなし。
キビとカナリーが好きな、モモ・開・ココ・リリ・ハルに与えています。
※追記※
カナリー25%は多すぎでした。
うちの鳥さんたちはそんなにカロリーを必要としていません。
嗜好性を重視して好物を与えすぎると健康を害す可能性があります。
うちの環境では、セキセイ・アキクサともカナリーシードはなし、が適正なようです。



013_201507041632084d8.jpg
開ちゃんは脂質の高い配合餌で羽の色が黒くなったことがありました。
今回は麻の実は与えませんが、要観察です。

今までバランスよく作って食べきる量だけ与えていたのですが、
頑なにキビを食べないとか、ひとんちのカナリーだけ食べつくすとか、
赤キビやアワが不評だとか、羽艶が悪いとか…
いろいろありまして、試みに配合を変えました。
ちなみに今のエサに入っている茶キビも不評です(。´Д`。)



036_201507041632323a1.jpg
そして、日光浴不足解消のためスパイラルライトの導入準備中です。
マルカンのスパイラルライトを注文したのですが、
ソケットは売っているがカバーがない…
仕方がないのでクリップライトを注文しました。写真のはついてきた蛍光灯の明かりです。
スパイラルライトのサイズがよく分からないので、
このカバーと合うかしら?? 早く届くといいな~。
取り付けるところがなくてあんなとこに真下を向けてますが、
それでも開はまぶしそうでした。

あの明かりのおかげで朔&ツビのラブシーンが撮れたのでした(^^;)
  • 備長炭止まり木・備長炭ブランコ

※現在は備長炭止まり木・備長炭ブランコは使用していません。
ブランコがケージ内で配置しにくいこと、
太い備長炭にフンがついて汚れること、
鳥の足裏が赤くなったこと、
また、鳥との信頼関係ができてきて、爪切りができるようになったことが理由です※



先日、「田中商店」さんで備長炭を買いました。
購入するのは3回目。
以前購入したのは「馬目小丸」で、直径2.5~3.5cmとかなり太いもの。
(※現在、馬目小丸は販売していないそうです。
 楽天にも備長炭のお店があったので、次回はそちらを利用するつもりです)
セキセイとアキクサには太すぎるかと思いましたが、
これを綿ロープで吊ってブランコにすると、爪とぎ効果抜群です。
腕に止まられても痛くないです。

※備長炭を鳥に使うについては、デメリットが3つあります。
 炭の黒い汚れが足や羽につきますし、
 かじって食べると、鳥の体内で栄養素を吸着して排泄してしまうそうです。
 またザラザラして硬いため、足裏を傷つけることがあります※

ところがブランコだとセキセイのモモが発情対象にしてしまいまして。
そこで今回は止まり木用に細いものが欲しくなり、
「馬目枝炭」1kgと、「消臭・調湿・インテリア用炭細丸」500gを
買ってみました。
「消臭・調湿・インテリア用炭細丸」500gのほうが細いです。

結論から言うと、
1.細いものでは爪とぎ効果が少なかったです。
2.ケージに合うサイズはなかなかないです。

モモんち
真ん中の黒い棒がそうです。

モモの備長炭止まり木止まり木ホルダー使用
左は細かったので止まり木ホルダーに突っ込みました。
サイズは合っていません。
中でカタカタしています。

ケージが壊れるかもしれない
でも右は太すぎて金網を無理やり広げて入れましたので、
とりあえずモモが飛び移っても安定しています。

自分でちょうどいい長さにカットすることはできませんでした。
のこぎりでカットしようとしても、
短く持って庭石に叩きつけても、
全然違う箇所で折れちゃいました。

この細めの止まり木、しばらく使用したところ、
モモの爪は先は丸くなりましたが
太い備長炭ブランコのときより、爪の長さは伸びています。
モモがメガネに止まるときなど、眼球をえぐられそうになりますが、
先が丸いことでギリギリ大丈夫です。


※※※

爪とぎには、太い備長炭が大変有効でした。
止まり木としてケージ内に取り付けることはできないので、
ブランコにするのがいいと思います。

しかし、備長炭だけの問題ではなく、
飼い主が鳥を肥満させてしまったために、
肥満した個体の足裏にはバンブルフット手前の発赤が。

その後、バンブルフットになってしまった個体がいます。
肥満した鳥に備長炭止まり木・備長炭ブランコは使わないでくださいませ。
私はたいへん後悔しております…

また、捕獲して保定して爪切りをするのは、
飼い主がそなえるべき技のひとつだと思います。

  • お気に入りの飼育本・ブログ

山椒茶屋 インコはじめました。山椒茶屋 インコはじめました。
(2010/02/19)
よんよん

商品詳細を見る


鳥を飼うきっかけは、知人の文鳥飼いの勧めでした。
文鳥じゃなくて、セキセイとアキクサを飼ってしまいましたが。

セキセイインコの飼育本を何冊か買いましたが、
『山椒茶屋』にはお世話になりました。

実際に飼う前から、
インコが病気になったら病院へ連れて行くのが当たり前だと思っていたり、
メガバクテリアについてなんとなく知っていたのは、
このマンガの影響です。

楽しくて可愛いマンガな上に、お役立ち度がたいへん高いです。




幸せなインコの育て方・暮らし方幸せなインコの育て方・暮らし方
(2006/02)
磯崎 哲也、大橋 和宏 他

商品詳細を見る


最初にしずくをお迎えしたときは、
インコの表情がまったく読み取れませんでした。
よく観察するのが一番ですが、
「こういう仕草は嬉しいときにするもの」
といった知識もあると早く鳥を理解できます。
この本にはそういうことも書いてありました。
イラストもイラストレーターが3人くらいいて、可愛くて飽きないです。


インコに気持ちを伝える本: 個性を見きわめて、もっとコミュニケーション!インコに気持ちを伝える本: 個性を見きわめて、もっとコミュニケーション!
(2012/08/23)
細川 博昭

商品詳細を見る


こちらはもっともっと、鳥の気持ちになれる本。
モモが人間不信になってしまって、どうしたら仲良くなれるかと思って手にとりました。

鳥を擬人化することなく、鳥が鳥として人間を理解していること、
人間は、最初は人間を基準としてしか鳥を理解できないこと、、
できれば人間が歩み寄って鳥の気持ちを理解しようとすることの大事さを説いています。
「しつけ」はきらいだという筆者。
でも鳥の要求をなんでもかなえる必要はないということなど、
一言ではいえない重要なことが書かれた本です。


本ではありませんが、
アキクサインコのいくつものブログにはとてもお世話になりました。
飼い方がまったく分からなかったので、
ブログを見つけるたびに夢中で過去記事を読破したものです。
当時情報を公開してくださっていた皆様に感謝いたします。


その他、影響を受けたサイトさんをご紹介します。

「くるねこ」さん。
私が鳥に対して「おばちゃん」なのは、くるさんの影響。
くるさんが猫に対するみたいに、
鳥さん一羽一羽の個性を見つめてあげたいと思っています。


「こはる日和.」さん。
写真にセリフを載せてマンガ風にするのは、ろーずまりーさんの手法をマネました。
(丸パクリです、申し訳ありません)
働きながら、猫を保護し里子に出す活動をされています。
そして毎日猫マンガをUP。
本当に頭が下がります。


「文鳥団地の生活」さん。
主にBBSの返信から、管理人の雀坊さんの考えが読み取れます。
雀坊さんは「文鳥屋」を営み、ブログ「雀坊の納戸」の書き手でもあります。
鳥が病気のときどうするか、鳥を死なせたときどう考えるか、について、
雀坊さんの考えに私は賛成しています。