セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • 開ちゃんカッコイイ~

朔と開を放鳥すると、開はしばらく羽繕い。
どんどん筆毛が出てきて、いつまでもボサボサです。
朔も筆毛がありますが、お互いを羽繕いするということはまったくありません。


mou.jpg
「もう・・・撮らないでってば」
羽繕いの様子はいつも同じだし、顔を上げてもこの表情。


仕方がないからカメラを片付けると、
活動タイムに入ったらしく飛ぶ音がしました。
始まった~^^


peapoe.jpg
「ピーポエ!」
高いところから滑空してきて、モモケージに飛び乗って、胸を張ります。


121001kai.jpg
強気になった開、みずから近くに来たりして。


121001rippanakai.jpg


kottimita.jpg
しっかり視線もくれます。


kaichangohan.jpg
そうして開が男らしく飛び回っていると、
朔は「そろそろいいかな・・・」
と甘えた表情でプレゼントをねだろうと近づきます。

tidimanukyori.jpg
「開ちゃん、ちょーだい」



でも今日もエグエグは結局見られませんでした。
開は朔をほったらかして、飛び回っていました。



今日は、外でヒヨドリがとてもにぎやかに鳴いていました。
カラスも近くにいました。

放鳥中、朔がパニックになり、他の子もケージ内でパニックになりました。
どうやら電柱にいる大きなカラスのせいみたい。

「朔ちゃーん。さーくちゃーん。だいじょうぶよ~。サクサクサクぴ~」
朔にひたすら声をかけます。
窓の隅っこに落ちていた朔が、タタタッと、飼い主の方に寄ってきたので
ちょっとびっくり、嬉しかったです。
ちょっとは頼りにしてくれているかな??

両手ですくってケージに戻しました。
体を固くはしますが、
戻る意志があるときは、足をもぞもぞと手に乗せてくれます。



sakuthebeauty.jpg
荒鳥も可愛いですね~(*´ω`*)
スポンサーサイト
nanamenoegg.jpg
しずくケージ奥の止まり木が汚れていたので、替えました。
しずくが驚いておびえるものだから、モモが守りに来ました。
ネジをゆるめていると、モモがつつこうとします。
あわてて手袋をしてささっと止まり木を取りました。



momodaisuki.jpg
モモとはあとで、オーツのおやつとお代わりで仲直り^^
でもしずくは一日中私を見ると逃げていました。
どうしてもケージに手を入れるので警戒されます。





knight2.jpg
赤茶色の箱がリリの隠れ家。
ココは、隠れ家の近くでリリを守っているつもりです。

121003kai.jpg
開が近づくたび、ココが激しく追い立てて、2羽でバサバサ飛びまわっていました。




bridgeofthewillow.jpg
午後の放鳥時は2羽きりだったので、ココも一緒にヤナギの橋を齧っていました。




121022.jpg
朔は今日は午前中の長い放鳥に一回出てきただけでした。
この止まり木のくぼんでいるところに、いつもちょこんと乗っています。





おまけ:
eyeringcoco.jpg
ココのアイリスリング~。
  • しずくちゃんの尾羽が抜けちゃった

121004obanenuketa.jpg
しずくの尾羽、2枚目も抜けてしまいました。
クリーム色の混じった下尾筒・上尾筒のしっぽになり、
可愛いです。
次の尾羽は出てきつつありますので、
ヒヨコ姿は期間限定ですね。

nanisyore.jpg

kyori2.jpg
指の先に絆創膏をはっていると、リリもココも興味津々です。

blueavovetheeye.jpg
ココの目の上は、目尻深くまで紫のラインが入りそうです。


121005kai.jpg
迫力あるおやつシーン。


いつもいいフンをするモモのフンがゆるいので少し心配です。
元気はあるみたいですが、
おやつは食べたものの、遊んでくれませんでした。
121004mogmogu.jpg
121006mutturi]
最近、しずくがブランコのビーズに吐き戻しをするような仕草をしています。



sizukulovesmomo.jpg
この写真も、しずくの方からプレゼントするような雰囲気でした。
相変わらずボケボケですが・・・
「こはる日和.」のろーずまりーさんが書いておられましたが、
いい写真を撮るには、腕とかカメラの優劣ではなく、
猫との信頼関係なんだって。
いやまったくおっしゃるとおりです><




nakayoshi.jpg
やなぎの橋においては、隅っこを齧ることを、ココはリリに許されておりますw



katakuti.jpg
そいえば、これは朔ですが、朔とリリの違いを発見しました。
朔の翼の端っこ、黄色にピンクがにじんでいます。
(分かりづらい・・・)



nandaarya.jpg
ん? あのふたりなにしてんだろ。


neteru.jpg
朔、寝てる!?



niranderu.jpg
よ、横綱に睨まれた・・・


higureensyutu.jpg
朔が全然出てこないので、鳥部屋の明かりを常夜灯にして、薄暮を演出。
テンションが上がったらしく、出てきておやつを食べていました。



おまけ:
syoudoubutu
飛ぶのが下手なサクぴー。
なんだろ、なにか小動物を思い出します。
  • ココが可愛すぎる

sinnraikankei.jpg
しずくとまったく違うこの表情。
同じケージ越しですが、金網なんてなんのその。
(くちばしは黒く脱皮?しつつあります)

ココは、私が帰宅しても騒ぎません。
最初に放鳥されるのがモモで、その間、自分たちは白い布で隠されると知っています。

ケージに布をかけたままにもかかわらず、
モモが自分ちに戻っていった音がすると、ココが何か音を立てるのです。
自分の番が来たのが分かって準備をするようです。

でも、ココとリリの放鳥中、私は鳥の世話や掃除でバタバタして、
時折鳥部屋から出て行きます。
鳥部屋に戻ってくると、ココが頭に飛んで来たりします。


リリは比較的簡単にケージに戻せますが、
ココは、いったん戻ったら、飼い主が自分をもう見てくれないことを知っています。
お腹は空いている、でも戻りたくないという葛藤で、
固まってしまいます。

ケージ扉の前に連れて行くと、入りたくないために、
急に私の唇に噛みつきはじめます。
私もただ噛みつかれるのは困るので、固く閉じた口で、
「あむあむあむあむ」
とココのクチバシをつまんでやります。
何回も繰り返して、やっと納得がいくと、ケージに入ってくれます。


放鳥中はあまり相手ができないのですが、
鳥を寝かせて鳥部屋を閉めたあと、
ココの寂しそうな背中や、大きな黒い瞳が思い返され、
飼い主は悶えることになるのです。

babsoukou.jpg
ここんとこ、モモがまた遊んでくれなかったので、
今日は工夫をしてみました。

実はモモは逃げ足が速いので、
自分からケージに戻る点が非常にありがたいのです。
10分くらいで戻ったときに、「今だっ」とあわてて扉を閉めていたですよ。

kaeranakya.jpg
そしたら、おやつを食べただけで遊びもしないで戻ることもあって、
「もういいの・・・(´・ω・`)?」
ということが続いていました。





そこで、いったん戻った時に閉めないでまた出てくるのを待ってみました。
ほかの子は1時間放鳥されているので、不公平ですからね。

deteiino.jpg
「開いてる・・・出ていいの??」
3~4回は出入りしていましたよ。
最高にご機嫌とはいきませんでしたが、久しぶりに遊んでくれました。


最近、両親に孫が生まれました。
わたくしは独身ゆえ、これは弟の子でありますが、
父は大変デレデレです。
そのため、若干、鳥の写真をプリントアウトしてくれる頻度が下がったかな、と・・・
意識が鳥よりは(当然)孫にいってるかな、と思います。

一日4回も放鳥されるよりはいいのですが、
モモはその父の意識の変化に気づいているのではないかと思いました。
最近鳥にケージに戻る訓練をしているとかいっていましたし、
ケージに戻れば褒められると思っていたのかもしれません。

なんにしてもナイーブなのですね、モモは。

しずくのほうは私に対して非常にドライです。
換羽中でしんどいのかもしれません。
写真は撮れませんでしたー。





やや大きい写真はサムネイル表示にしているので、
めんどくさくてごめんなさい。
縮小するのが勿体ないときがありまして・・・


aiarumanazasi.jpg
朔と開が近づいてアイコンタクト(*´ェ`*)


pyoko.jpg
トンネルから顔を出すリリ。
私は放鳥中に鳥部屋に出入りするたびに、
外に出ている鳥のいる場所を確認するのですが、
ココは保護色のため、リリは狭いところが好きなため、よく見失います。

私が「ココちゃーん、どこですか」
と何回も言っていると、ココが身じろぎして教えてくれます。
「リリ子さーん。リリ子さーん」
「チヨ」
今日はリリが鳴いて返事をしてくれました。

また、床に寝ころんだり腹ばいになっていると、
ココとリリは無言ですが大喜びしている様子。
手にしているカメラをかじったり、体の上を走り回ったりします。
リリはキスをいっぱいしてくれました。



bintyoutanswing.jpg
少々爪が伸びてきたので、ココに再び備長炭ブランコを。
tukutuku.jpg
しずくを撮ろうとすると、

mamoru.jpg
モモが気遣わしそうな表情で寄ってきます。
しかしツンツクですね。こあいですね。

kocchimotukutuku.jpg
開もツンツク・・・5月ごろからだらだら換羽です。
ネクトンBIOが底をつきそうです。

121010saku7.jpg
いつもより近づいて撮った朔。
おやつ入れの上限定な表情ですね。



cocoball.jpg
「おなか空いた・・・でもおうち帰るのはいやなの」
今日はなかなか戻らなかったので、タモで捕獲しました。


インコたちは掃除機の音は平気。
飼育本によると、スコールの音と勘違いすることがあるそうで、
毎日リリがバナナ水入れで水浴びをしようと試みております。
(掃除機掛けながら撮ろうと思ったけど、無理でしたw)
  • 空気清浄機「ぴちょん君」来る

huke.jpg
オカメさんの場合、脂粉がすごいってよくきくのですが、
アキクサの場合は羽の鞘のカラって感じです。
あまりにも鼻炎がひどいので、空気清浄機を買いました。

家電には疎いので、ちょこっとネットで調べ、
地元の家電店に偵察に行ったら、
ちょうど加湿空気清浄機が安くなっていました。

私は除湿・加湿は省いて、
ホコリをよく吸引するものを買おうと思っていましたが・・・
昨年の冬は乾燥のため、モモの目が赤くなっていましたし、
私も風邪をひきやすく、喉をいためたので、
これにしよ、とすぐさま購入。
ダイキンの昨年の型、一番小型のもののようです。

「『ぴちょん君』だよ。よろしくね」
運転音はさほど気にならず、ぴちょん君を設置してしばらくすると、
鳥はみんなでさえずっていました。
なんか空気がキレイになった気がするー!



しずくのケージを透明ビニルで覆いました。
少し厚手なので昨年のものが再利用できました。
ホームセンターで買ったペラペラのものは、
鳥にかじられてすぐダメになってしまいました。

最初は「なにこれ!」って感じでかじろうとしていましたが、
暖かいことに気付いたしずく、表情が変わりました。

cover.jpg
モモはビニルにもぐってしずくといちゃいちゃしていました。

どちらかというとセキセイよりアキクサのほうが寒さには弱いようですが、
病弱なのでしずくだけ優遇です。



aobitai.jpg
母に、「大きくなったら色が綺麗になった」と言ってもらえたココ。
そ~じゃろそ~じゃろ~^^
額だけじゃなくて、全体の模様がくっきりし、彩度があがりました。



okami.jpg
女将のようなリリ。

今日はココが一回だけエグエグに成功しました。
ついさっき食べていたオーツのお団子がなんとか出てきたようです。
リリとココのケージ、各々にペットヒーターを入れました。
今まではケージ間に1つで仲間にしてました。

121014petheaters.jpg
昨日、急に寒くなったから、心配になってしまいまして。



arukusaku.jpg
歩いている途中の朔。クネっとしてます。


121014hitomikirarisaku.jpg
朔は寒さが苦手なので、日中はうたた寝していることも多いですが、
放鳥には出てきました。

121014kaimof.jpg
開は相変わらず羽繕いしまくり。


掃除機をかけたあと、空気清浄機をターボでかけると、
みんな張り切ってさえずっていました。



※※※



爬虫類サーモの使い方がよく分からなかったので、
検索したらば、「OKAMEN'S CLUB」さんの記事がヒット。

取扱説明書を読んでも分からないんです。
だって爬虫類を飼っている人にとって照明の使用については説明不要みたいだけど、
私にとっては、
「照明を使わないってことは、このコンセントは使わないってことか???」
と、そこからスタートなんですもの。(使わないです。)
温度設定が2つあるのも最低温度と最高温度だと思ってましたよ。
28度と22度にしてみたものの、
どうもサーモの挙動が(私からみると)おかしいので、
2つとも28度にしていました。
それでいいと、「OKAMEN'S CLUB」さんの記事に書いてあってほっとしました。
まあでも時刻設定くらいしておきますか(;´▽`A``


私は爬虫類は苦手ですが、この写真は可愛いです。

■追記■
11月末になると寒くなってきました。
我が家は山間部にあり、冷え込みがきびしいことがあります。
また鳥部屋は安普請なのでとても寒いです。
そこで24時間28度設定にしていました。

すると、夜間ケージに透明カバーと暗幕用の布をかけているため、
夜中はポカポカ28度になりましたが、
朝、布を取り、部屋のカーテンも開けて、暖房なしだと急に温度が下がり20度に。
20度という温度はまだまだ高めですが、温度差が気になります。
夜間暖かすぎるのもおかしい。

そこに至ってやっと、我が家の昼間と夜間の2つの時間帯を設定。
昼間は26度設定にし、夜間は22度設定にしました。
昼間暖房なしだと、26度に設定してもケージ内は21度程度でした。
寒くなるにつれ、少し温度は調節していきます。

009.jpg
朔の笑顔が撮れましたっ。


おばちゃんもご機嫌ですよ~。なぜなら・・・・








121015lilycoco1.jpg
あっ。リリとココが・・・



121015lilycoco3.jpg
きゃ~。
しかしリリ、お腹が丸いですね。ピンクもこんなに濃かったかな。







lilyinthenestbox.jpg
!?



pair.jpg
遊び場になっていた巣箱。
入ったのは初めてのようです。
別の隠れ家で長いことゴソゴソしていて、
巣箱ごっこしているなーと思ったら・・・

そしてまるで一人前の旦那のようにココが護衛しています。


しかし、このあと、リリは開を見て「ピピピピピピピ・・・」
としておりました。

愛を育むのも、巣箱ごっこもいいのですが、
本格的に発情するのはまだ早いため、巣箱は片付けました。
  • なかなか撮らせていただけない

munehari.jpg
休みでしたが、久しぶりにシチューを作ろうと思い、
鳥さんの放鳥がおろそかになってしまいましたっ。
やはり放鳥中はずっと鳥部屋およびその隣の部屋で、
観察していたいものです。


なかなかいい写真も撮れません・・・


busutto.jpg
なんという目付き・・・!



mouiya.jpg
開は最近、シャッターを切ると目をつぶるという技を使ってきます。


otoku.jpg
朔と開は角度を考えて無理やり縦列にして撮ります。
モタモタしていると、左右にそれぞれ顔をそむけるですよ。


ohutarisan.jpg
今だ! しずくとモモも重ねて撮ってお得。



リリはブレブレで撮れませんでした。
巣箱を片付けた翌日は、しきりに探しておりました。
「たしかこのへんに・・・こうやって飛んできたら・・・ここにあったはず」
ホバリングしたり、着地を繰り返したりしておりました。
ontv.jpg
まん丸リリ。
リリは私の顔のパーツをまったく噛みません。
メガネはガジガジしていい、おばちゃんの皮膚はいけない、ってなんでわかるのかしら。
そうしてリリが私の顔で遊んでいると、
ココがやってきて唇をガブー!
ううう、リったんは可愛いな・・・


bostonlettuce.jpg
たいてい小松菜か青梗菜を与えます。
同じ野菜では飽きるだろうと、今日はサラダ菜を与えてみました。
ココだけが食べていました。
菜っ葉好きのしずくは小松菜の方が好きみたいです。

nakayoshisan.jpg
朝は待ちかねたように飛び出してくる開。朔もすぐ出てきます。
たいてい2羽でまったりしているので、その間に日記を書くですよ。



awahomoeru.jpg
粟穂をおいしそうに食べるしずく。
裏側も逆立ちして食べていました。
※以下の内容は、決して正しいわけでも
 おすすめするわけでもありません(・Θ・)ゝ゛
 試行錯誤中で、「間違ってた。変更しよ」と、ときどき修正しています。
 万が一参考にされる場合も、
 いろいろな立場の方のご意見を参考に、自己責任にてお願いします※


CIMG6162.jpg
セキセイインコのエサ、アキクサインコのエサは、
我が家では共通の配合餌です。
毎日3~4g(季節・体重による)与えています。
体重の10%というのが定説でしたが、
最近では6~9%でよい、という説があります。
実際10%では太ってしまったので、少し減らしています。
毎日食べ足りないくらいの量を与え、翌日は殻を全部捨てて新しいエサを入れます。

洗浄ボレー粉(配合餌100gに対し5g)と乾燥ハーブ類も
あらかじめ配合餌に混ぜてあります。

毎日青菜も与えます。
小松菜・青梗菜・豆苗・サラダ菜・水菜・パセリがよいです。
ほうれん草もたまにならいいそうです。


CIMG6165.jpg
毎日、ネクトンS(換羽期はBIO)とネクトンBコンプレックスを与えます。
どうも鳥さんの中に内股っぽい子がいたので、
脚気にならないようにネクトンBも追加しました。
ネクトンは飲み水に溶かした方がよいようですが、
一日一回しか水を交換できないので、エサにかけています。
(前日、小さいタッパーに翌日分のエサを測って入れ、
 ネクトンをふりかけて準備しておきます)

ネクトンは、アルミ蓋に爪楊枝で3つ穴を開け、塩コショウみたいに振って使います。
湿気に弱いため、
大きなタッパーに乾燥剤を入れ、ネクトンの容器を入れて保存しています。



CIMG6163.jpg
現在のエサの配合率は、
そのう炎になりやすい しずく用にヒエ70%・アワ25%・オーチャードグラス5%。
ほかの子にはヒエ40%・キビ40%・アワ10%・オーツ5%・オーチャードグラス5%、
といった感じです。

獣医さんにうちの鳥さんはみな肥満気味と指摘され、
カナリーシードを抜いた質素なエサを与えています。
チャカチャカ動くセキセイはまだマシなほうで、
おとなしいアキクサは実に太りやすいです。



体重測定は、手乗りの子はおやつ入れをキッチンスケールに乗せて測ります。
荒鳥は捕獲してプラケースに入れて測ります。
捕まえるときは、部屋を暗くして、動けないところをタモをソフトにかぶせて捕まえます。

おやつはオーツか、エサをひとつまみ追加。
果物や粟穂は与えていません。

CIMG6166.jpg
塩土は与えていません。
代わりにプラスリンを与えています。
鳩用の鉱物飼料ですが、よくついばんでいます。
CIMG6168.jpg

121022saku.jpg
今朝、起床時間の10分前くらいに、朔がパニックを起こしました。

朔をなだめていたら、ココが起きる時間だと勘違いして、
ケージカバーの中で「ピウイ」と挨拶していました。



121022lily.jpg
これはリリ。
121022lily4.jpg
私の首元に乗るリリ。





momoonthefloor.jpg
床に降りたモモ。
おっかなびっくりで遊んでいました。

opalinecobalt.jpg
ピンクのインコが3羽いるので、モモの青も引き立って、
ありふれた羽色だということを忘れちゃいます。



121022kai.jpg
今日もモフモフでありがとう(。・ω・。)
121023kaicoco.jpg
昨日、夕方の放鳥時に朔と開が出てこないのは外が暗いせいかと考え、
ココとリリの放鳥時に扉を開けてみました。
開が少し出てきましたが、朔はずっとケージの中でした。


121023lilysakucoco2.jpg
朔が手乗り扉の前のエサ入れでごはんを食べていると、
リリとココが侵入を試みました。
でもこのあと、リリとココは飛び去り、
朔は何事もなかったかのようにモグモグ食べ続けました。


121024momosaiko.jpg
beautifulmomo.jpg
モモはいつも1羽きりの放鳥。
ほんとはみんなと遊びたいのです。
だから、つまらないから、ケージに戻るのも早いのかな。


121024coco2.jpg
放鳥中、サブリミナル音源が入ったCDをかけたら、
ココはとても不思議そうに小首を傾げていました。
人間には聞こえない高音域の音声に反応している模様。
飼い主はリラックスしてきて、なんだかゴロゴロしたくなって困りました。


121024lily.jpg
窓辺のリリたん。


121024sanwa.jpg
開、ココ、朔。
みなさまおくつろぎ中です。
あ、ココがかじり木コーンに止まってますね。


121024niwa.jpg
あー、あんなとこに・・・
道理でフンがテレビ台の下に・・・


maruatama.jpg
私の大好物は、インコの正面顔と丸い頭。
やばい、食べちゃいたい。
食べた感触まで想像できますっ。



yanaginohashi2dangasane.jpg
やなぎの橋が意味なく2段重ねになっています。




121023sizuku2.jpg
昨日と今日は、しずくを撮っても怒られませんでした。
121023sizuku3.jpg
121024sizuku6.jpg

尾羽はいっそう貧弱になってしまいました。
短いだけでなく、細くなって、ボソボソです。
でも、元気です。
首を伸ばしてヒーターに近づいては「ジジジジジ」っていう癖があるんですけど、
しずくのその仕草を見たら先回りして「じじじじじ」って言ったら、
仕方なく「ホピョロ」って言っていました。
121026coco1.jpg
ココは今日も49g。


121026coco2.jpg
風切羽(?)がブチブチです。

121026saku1.jpg
お天気はよさそうです。


121026cute.jpg
キュートな朔。



pipoe1026.jpg
開が「ピーポエ」しています。


121026lily1.jpg
窓辺のリリ。

121026lily2.jpg
朔と開のケージの上のリリ。
モモが、備長炭ブランコの左端に吐き戻しをして汚したので、
取り替えようとしたら噛まれました。
気に入ってるんだね~。
あとはサボテン止まり木の端っこにも吐き戻しています。
そのう炎のおそれがあるらしいので、
今日は、抗菌作用を期待して、飲み水に緑茶を混ぜました。

(追記:読んだ方からご指摘がありまして・・・
    緑茶に含まれるカフェインは鳥類にとって有害だそうです。
    人間と同じようには代謝しないそうです。
    私の書いたのを見て鳥さんにお茶を与えた方がいらしたら申し訳ありません。
    人間の食べ物・飲み物は与える前に調べないといけませんね)
 
    


ninja.jpg
サボテン止まり木→ミニウッドボード→エサ入れ前止まり木とジグザグに飛んできます。

ninja2.jpg

ninja3.jpg
今度、しゃったーすぴーど? とやらについて父に訊いてみます・・・





121028cocolily1.jpg
(ココと)リリです。

121028lily1.jpg


121028cocolily3.jpg
なかなか距離は縮まりません。
ま、仲良く追いかけっこしています。

121028coco2.jpg
ココ。


honjitsunosizuku.jpg
しずくさん、今日はご機嫌でした。

121028sizuku.jpg


121028saku1.jpg
朔。
121028sakukai1.jpg
朔と開。


gyatukutuku.jpg
開ちゃん、そのツンツク・・・ヒィ~! ヽ(ι´Д`)ノ
まぁでも、うちに来て栄養状態がよくなって、
頑張って換羽しているんだと思うことにします。