セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • アキクサたちの様子

凛々しいココ

窓辺トコトコ
仲良く連れ立って窓辺を散歩。


130929lily.jpg


ココの目は勾玉型
ココの目は目尻の形がいいねえ。
勾玉型と呼ぼう。




乗りたいな
飼い主のヘアバンドに着地したいツビくん。


タイミングあわなんだ
高さや角度やタイミングが合わないこともあります^^



130929kai2.jpg
久しぶりに、ココ&リリと、開とツビくんをいっしょに出しました。
開が大喜びでリリに近づくかと思ったら、
意外にオロオロしていました。

はむっと開ちゃん
カーテンなんか噛んでる。
近づき方を忘れてしまったらしい。
ココが開が出てると見るや、ジグザグ飛びとかして、リリを完全に守っていたこともあり、
突撃してきませんでした。


モモと朔1

モモカメラを嫌う
怒られたからカメラをそっとモモから離しました。



ふっくら朔ぴー
気温変化が激しい日々ですね。
朔、ときどき「ぷっ、ぷっ」ってくしゃみします。
他の子もやります。
連発だとか鼻水がみられるということはないので、大丈夫だとは思いますが。
気にしはじめると、「ぷっぷ」気になってしゃーないです。
スポンサーサイト
  • いい休日だった。おばちゃん幸せ

いい顔や
茎が好きなココのため、
ココとリリのところだけ、菜っ葉はさかさまにセットします。


おおっ
ダメだった、前に来ちゃったw





驚いたリリ
カラスに驚いたリリ。
リリも驚くと、ちょっと目が大きくなります。



美それとも爺
朔はリリより目が大きいです。
眉毛がおじいちゃんになっていますが・・・




抗しきれない
リリの後姿。ちょっとフンを隠してあります(;´▽`A``


ついに
ヒーターがついているので、暖かいのです。
去年はやらなかったので、初めて見ました。

まさに
前から見たら、ボードにペタンと腹ばいになって目を細めていました。

ただ、アキクサインコはセキセイインコより、フンが大きくてゆるいです。
またセキセイよりもずっと、ステージ状のものを好み、よく乗るので、
ボードや足、羽までとても汚れてしまいます(><)



何かを見ているツビ


何もないようだが
今までは父の愛を一身に受けていたツビくん、
可哀そうにハルにすべてを奪われてしまいました。
そこで、最近ツビくんの愛は飼い主に向かって一筋に注がれております。



くんくんする?
好きやで~大好きやで!!






顔に書いてあるってこういうことよ
だってなかなか撮れないんだもん、開ちゃん。



朔と開お似合い


ええ雰囲気
仲良く一緒におやつを食べられます。
朔はユーカリを輪切りにした小さい止まり木に止まっています。

開はリリと接近できないようにされてしまったので、
仕方なく朔にまた関心を戻したみたいです。
朔が居眠りしているところにチューしよーかな、って顔を近づけてみたり、
ツビくんから守ってみたり。

開が年中ボサボサなのは、発情が続いているからかもしれないです。
眼
こういうとき、しずくの眼はそわそわと微妙に泳ぎます。
荒鳥だもんね。



ケーキみたいな木の皮

警戒するしずく
最近、またそのうマッサージのため何回も捕まえたので、警戒しています。
ぬるま湯を飲まされるのが大嫌い。


な、なに?
木の皮の粉がw



しずくプラスリンを食べる
しずくを放鳥したり、しずくにプラスリンを食べさせたり出来るとは、
最初の頃想像もできなかったな~。


しずくとハルを動物病院に連れて行きました。
しずくはそのう炎の予防で、軽い胃薬を出してもらいました。
あと、しんどそうにしているときはもちろん
そのうマッサージを応急処置としてやっていいですし、
通常でも優しくもんであげると、撹拌されて、消化にいいそうです。
慢性胃炎になってしまうと、これが結構大変らしいので、
先んじてモミモミしようと思います。




破壊犯
ハル、羽繕いが多いな、羽毛ダニでもいるのかなと思って病院へ行ったんですが、
また飼い主フライング( ̄Д ̄;;
現在のところ疥癬や羽毛ダニの兆候もないし、
先生の前では羽繕いなんかしなかったんです。

でも飼い主が羽繕いの多さが気になるというから、
先生とんでもないことを言い出しました。
「PBFDの子も、羽毛をかじってむしってしまうのですが・・・」

えっΣ(゚Д゚ υ)
あのおそろしいPBFD!?
おもちゃボロボロになるほど元気なのに??
羽毛の異常とか全然ないのに???

お迎えからまだ潜伏期間の3週間が経っていないこともあり、
飼い主の心配性から生まれた、かぎりなく薄い疑いにより、
ハルはいまさらながら1週間の隔離となってしまいました。

す、すまん・・・


病院にいくついでに体重を量ると、
しずく32g、ハル38gでした。




可愛いわあ
本気で怒る前に、「いやだよ」サインを出してくれるモモ。

困惑している
撮らせてくれましたが、ちょっと頭の羽毛が逆立っているから、
いやがっていますね。
ありがとうね。

モモは博愛主義
モモは、朝、朔・リリ・しずく・ハルの順にケージに張り付いて挨拶します。

平日あまり構ってやれなくて、モモの方も飼い主に愛想を尽かしかけています。
日曜日は3回くらい、「愛の囁きwithオーツ」ができ、
やっと飼い主とアイコンタクトしてくれました。

はぁ・・・なんとか10時出勤にならないものか・・・
  • リリがボードに乗れないようにした

なんだろこの可愛さ
しっぽ短い鳥もいいかも・・・
文鳥、サザナミ、マメルリハ、コザクラ・・・
どれもベタ馴れ系ですね。
朔、新しい尾羽は生えてきています。



朔歩き食い
オーツは持ち運びできるからね・・・
床の上はオーツの皮だらけです。



鑑賞価値
こちらリリさん。



お邪魔します

リったんのおちりを守れ
飼い鳥のおちりは大事です。



上の方に
ココ&リリケージです。
ヒーターを上方に移動し、ボードに乗れないようにしました。
下の方にあれば、暖房の効率がいいかなと思っていたんですが、
ボードの汚れに負けました。


移動
左はツビくんちです。
ツビくんちのボードも汚れないわけではありませんが、
ココとリリはそろって多尿ぎみのため、汚れ具合がひどかったです。

毎日モモの優良ポロポロのフンを掃除しながら、
「モーモちゃんのうんちは、よーいうんち♪」
って歌ってしまうほど、うちの子はフンがゆるい子が多いです(´;ω;`)




にじみでるもの
リリ姫がお悪いんじゃありませぬ。
ボードを設置したおばちゃんがいけないのでございます。


きゅるるん
ココはケージ内配置を変えたから、一度ずっこけてw
それから「こうで、こうね」と止まり木を移動して確認していました。
  • 開ちゃんのお爪を切りました

生えてこないなー
こないだのパニック時に頭をぶつけたらしい開ちゃん。
早く羽毛が生えそろいますように。


ハゲと爪
頭部を撮っていたけど、左足の爪が気になった写真。
備長炭ブランコでもなかなか削れず、ねじれたまま伸びています。
とうとう、開を捕まえて、左右の長い爪を1本ずつ切りました。

デカイな~。
掴みごたえあるな~。
ギーギー言ってるけど、噛まないし可愛いもんだな~。

爪はポソポソしていて、別に丈夫でもなかったです。


爪切り後
なかなか大ざっぱな切り方・・・
開は痛がりもせず、不思議がりもせず・・・
表情に出ないだけかな?



備長炭ブランコ・止まり木も万能ではありませんでした。
モモの爪も先端こそ丸いですが、長いです。
あと、リリはよく備長炭ブランコに乗っているのですが、
ふときづくと足裏にタコができているじゃありませんか・・・!!
あわてて、普通の止まり木に変えましたが、治るかどうか・・・

飼い主としては、自分で爪を切ってやれるに越したことないと思いました。



これでも換羽中
ツビくんは爪を使って足を一生懸命踏ん張っているせいか、
伸びすぎることはありません。
しまったな~
モモのケージの扉がひっかかって開いていたのを目ざとく見つけ、
ハルが入り込んでしまった・・・!


ですよね
中で楽しそうな2羽・・・可愛そうなしずく( TДT)
しずくちゃんには、おばちゃんがいますよ~。




じりじり
ハルは元気です。
隔離している間は羽繕いも少なくしょんぼり。
鳥部屋に復活させたら、モモといられるのが嬉しくて嬉しくて羽繕い。
そういう行動なのかあ・・・
まぁでも羽繕い多いですし、鼻もがさがさしているし、
疥癬の可能性を考えて観察していきます。


なんとなく

それなりに

集まる三羽
モモが中にいるから、おとなしく三羽集合です。
三羽一斉に出すと、モモが興奮してなにがなんだか分からなくなります。



小競り合い


しながらも




二羽で遊べるように


なったのね
くちばしコチョコチョしあっていたかと思うと、
いきなり斬り合いになるモモとしずく。
なんにせよ、二羽で遊ぶのを見るのは楽しいもの。


そしてさびしいハルくん
今度は見せつけられて、ケージの中ですねるハルくん・・・(雌雄不明)


今日は、父にハルのケージへの戻し方を教わりました。
しずくのケージの上にハルのケージを乗せます。
ハルがいつも遊んでいる近くに、入口がきます。
そして、長い止まり木で追って、自分で入るように躾けてあるようです。
やってみたら、割とすんなり入りましたので、
タモを使わなくてよくなるといいと思います。
  • インコと止まり木

モモの爪
モモの爪も切りました。父に捕まえてもらい、長いところ4本切りました。
捕まえられ爪を切られたあとは、ハァハァ呼吸をしていましたが、
その後は快適そうで、太いものに取り換えた備長炭止まり木ですぐ形も整いました。



足裏にたこあり
リリの、ねじれた爪も1本切りました。
左足の内側に寝ている指ですね。
下側から撮ると、まだ赤いたこがありました。
備長炭の楕円の細い方を上にしていたのがいけなかったんだろうな><
治りを早めるため、またプロポリスを水に入れておこう。


止まっているだけでかわええ
備長炭ブランコをとったあと、またレイアウトを変えました。
普通の止まり木じゃつまらないかと思ったけど、
段違いに前を向いて止まっている様子なども、見ていて楽しいです。



気に入った
備長炭ブランコを洗うために、朔が止まっているニームパーチに替えました。
開がすぐ気に入ってくれ、それを見た朔が横取りしたところです。
朔は毎日少しずつでも飛んでいるおかげか、
上から下へ、止まり木間を飛び移れるようになっていました。
鳥が学習・成長するのを見ると、おばちゃんも頑張らねばと思います^^


目えでっか
開ちゃん可愛いね~。


じ~っ
じろじろ・・・



羽繕いばっか
リリも羽繕い多いのよね・・・

わああ
ちょっとの間にこんなに。

つられるココ
つられて羽繕いのココ。

撮らせてくれない
ココはカメラ嫌い。

コっちゃんかわい
なかなかお顔を撮らせてもらえませんでした。
ツンツクいっぱいあるから?


つい・・・
朔ちゃんはいつもの姿勢。
紛らわしいけど、別にピピピではないのです。
飼い主、腰をつんつんしたいのをぐっとこらえております。




ぬくいで
扇をしていたツビくん。
カメラ間に合わず・・・


ぺたあ
ひたすらおなかをぺたっとしている写真がたくさん撮れました。
床暖房ですね。



ハルは、しずくやモモが使わないボードをよく使っています。
ボード大好き
モモとハルのケージにはヒーターも透明カバーもなしです。
でも朝は飼い主が寒いから、鳥部屋の小さいファンヒーターをつけたりして(;´Д`)
セキセイインコ・白ハルクイン・オスのハルです。
131020hal.jpg

私は二文字で呼びやすく、かつ母音が先住鳥とかぶらないこと、
と条件をつけましたが、
それを言う前に父が命名していました。
父の飼い鳥で、鳥部屋に居候しているという形になっています。

荒鳥で動きが早いため、写真がすべてボケております(≡人≡;)


131020hal2.jpg
2013年9月16日、しずく出身のホームセンターで父が衝動買いしてきました。
オスとメスとでケージが分けてあり、オスケージに入っていて、
色が綺麗で一番元気だったそうです。
よく分かりませんが、生後3か月程度でした。

私が衝動買いを怒ったので、父とは取引ができています。
ハルのケージの掃除と、鳥部屋の掃除機かけは父がやること(しめしめ)。
エサ・水は他の子と一緒に私がやります。
父がときどきハルだけ日光浴に連れ出したり、階下でくつろぐときのお供にしています。



ハルとおもちゃ

ロープに止まるハル
来て数日で菜っ葉を食べ、粟穂もプラスリンも、おやつのオーツも食べました。
おもちゃにもすぐ慣れました。
ケージに菜っ葉を入れるときかなり暴れていましたが、
しばらくすると、「菜っ葉入れるだけなんだな」と分かったみたいです^^

手乗りではありませんが、
ケージに戻すには、ケージを高いところにおいて、
長い止まり木でそっと追い、ケージ入口を叩くと自分で入るよう、
父がしつけました。



男の子らしい
目が大きく、上体の肉付きがよくてムクムクしており、愛らしい容貌です。
体重は46gでうちのセキセイの中ではもっとも大きいです。
(しずく39g、モモ34gくらい)
しずくやモモと異なる「ピュル♪」という可愛い鳴き方をすることがあります。


今のところアキクサインコには興味なし。
先輩セキセイに対してハルはなかなか可愛げのある態度で接しており、
性格のよい子です。
  • リリの足裏、そして

さあ、リリちゃん、病院へ行くよ。

病院!?


リリの足裏の赤みが気になっていました。
頭をかいたときに、インコのバッテンな足裏の真ん中に、
赤い潰瘍のようなものが見えたんです。
リリ足裏
(透明カバーが汚れていてゴメンナサイ)
手乗り扉に乗ったときに下から見ると、
どうも備長炭止まり木で傷がついたような・・・

つかんでよく見ようとすると足を丸めてしまうので、
どういう状態なのか分かりませんでした。
止まり木に止まったり歩いたりと、元気度は変わりませんが、
『コンパニオンバードの病気百科』で調べたら、
傷に黴菌が入ったら大変なことになると書いてあるΣ(O_O;)


週末になるのを待ちかねて、いつもの動物病院へ行くと、
「ああ、ありますね。
 でも膜がかぶっているから・・・
 もう治癒段階にあります」
と言われ、またしてもフライングな飼い主、薬ももらわずに帰ってきました。

でも「治癒段階」、いい言葉だわ~。
心配性の飼い主を安心させてもらえました。
あれ?
鳥のためでなく、飼い主のために病院へ行ったようなものかしら。



しかし、アキクサの備長炭ブランコは外し、
爪切りを自分でできるようになりつつあるといっても、
やはり触られるのを好まない鳥種なので、そうそう捕まえたくない。
ある程度は爪とぎになるものが必要・・・



うったえ
なんですか、朔ちゃん。


こわがる朔
ニューアイテムを購入した飼い主。
素焼きの止まり木で、備長炭より足に優しいそうです。
白いのは、葉っぱをかたどってあるのよ~。
可愛いでしょ。


未練のオーツ
うう、慣れないとだめか・・・

そこへ、開が2度飛来、3度目に着陸しました。



期待する朔
朔、一安心の表情w


勇気
ブッシュドノエルみたいだよね。


結論
あっら~(・∀・;)
この日おやつは手つかずでした・・・

でも飼い主は、気長に見慣れてもらおうと思っています。
本を読んでいると


やってくる

かじっていい本と

だめな本が


あるなんてココには


分からないの

カタログなんかは好きなだけかじらせて、
「あらっ、すごいねコっちゃん! プチプチできたの~」
なんてほめるんですが・・・
いつもはほめられるのに、
たまにかじってはいけない本があるということは、
鳥には分かりませんよね。

ココ・リリの放鳥中に読書はしないことにしましょ。
  • 仲良しになれるかな

本日のお言葉。

しずく先生
はい、分かりました!



ウロウロ
あっ。


ねえしずくちゃん
距離を測りつつ、しずくに近づくハルです。

チューしましょ
モモよりチューが上手だぞ!?
しずくが怒らないでチューしてました。


遊ぶふたり
窓辺では並んでロープに止まったり、一緒に遊んだりしていました。



仲間認定だね
動きがシンクロしてる^^


やはり♂なのかな?
このあと、如才なくケージの中のモモに挨拶回りすることも欠かしません。
この子、なかなかいい性格です。
おばちゃん世渡り下手だから妙に感心。

しかも2回ケージに戻す機会があったのですが、
ちゃんと戻りました。
インコすごいなあ。



※※※



朔のそばにいたいらしい
ツビくんは、まだカーテンやカーテンレールの上には止まれません。
靴箱の上から、朔を見守っています。







<おまけ>

ココ一番乗り
バーに乗るように、葉っぱにおやつを置いておいたら、
普通に横から取って食べられてしまいました。
広い背中に着地
寒くなりましたね。
パーカーを着て掃除をしていたら、
飼い主の広い背中にツビくんが舞い降りました。
よじよじ登っております(*´ω`*)


美しい姿勢


アキクサって首伸びるよね
アキクサインコに興味を持って調べ始めたとき、
ネット上でよく見る写真がペットショップのもので、
驚いて首を伸ばしている姿が多かったので、
しばらく首長インコかと思ってました。
けっこう伸びますよね。


水色ぱんつ
ツビくん大豊作(*≧∀≦*)



おやつ食べるツビ
おやつを食べているところをカメラで撮ろうとすると、

ケケッ
飛び降りて寄ってきます。
今まで、このツビくんの「キェッ」「ケッケッ」っていう鳴き声の、
意味がよく分かりませんでした。
『インコ語レッスン帖―もっともっとインコに愛されたいあなたへ』という本を買いました。


歓迎じゃないの
ツビくん、逆さまつげ気にならないの?
わあキェッキェいいながら近づいてくるよ。

逆まつ毛
可愛い・・・
しかし本によると、「ケッケッケ」は、

ケッって威嚇
という意味だそうです(・∀・;)


ツビくんは相手が大きくても、自分より強くても平気で威嚇します。
なあんだ・・・近寄ってくるから、懐かれているのかと思ったら、
追い払われていたの~?

でも近づいてきたときに唇を差し出すと、ハムハム甘噛みしてくれます。
全体的には甘えられていると思っていい、のでしょうか。
やっぱりよく分かりません。

そういえば、外の野鳥に向かってはっきりと「ケッケッケ」と鳴いているときがあります。
ツビくんのそれしか聞いたことがないですが、あれはたしかに威嚇かも。
「ケッケッケ」と「キェッ」は違うのか。
謎は残ったままということになってしまいました。
朝、朔がやけに開につっかかるなあ、ご機嫌ななめだなあと思っていました。
ココとリリを放鳥しようとしたら、
リリが出てきません。
「リリちゃんどうしたの~? おーい。
 あれっ、あんた・・・朔ちゃん!?」
前日に父が朔とリリを間違えてケージに入れたようです。
開をいじめていたのは、リリでした。

なんてことない朔
そうだよね、ぜんぜん仲良しじゃないし・・・
開だってどこにいっても追い払われて、いい迷惑ですよ。
朔とリリを間違えるなんて、ありえな~い!

でも私も朝ケージカバーを取ってから30分はその間違いに気づきませんでしたが(;´Д`)


なんてことないリリ
うん・・・ごめんねリリちゃん。
昨日は出勤前に、ココ&リリ組に集中して遊びました。
リリが寄ってくるわけじゃないんですけれどね。
やはりほったらかしで掃除しているのと、
リリが床で遊んでいるときにいっしょに横になって観察するのとでは、
違うのかなって。
あとは「大好きん」を与えるくらいです。



※※※



ついて回る
お掃除=乾いたフンをこなごなにする=迷惑


学習
しずくはいまだにエッグフードを食べませんが、
ハルはすぐ真似して食べ始めるでしょう。


眼
考えてみると、アイリスリングがない種類ができるなんて、
不思議だわ。



アクティブなふたり
ハルとモモの組合わせだと、セキセイらしい快活な様子がたくさん観察できます。



しずくに近づくハル
しずくとハルの組合せだと、ハルが男子の練習をします。

しずくの表情はおかしい



目が輝いてる
可愛いおめめで、決まったね!






公開してよいものか
こ、こちらは・・・ツンとしているがまんざらでもない、という目(´д゚lllノ)ノ ヒイィィィ!!