セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • ココ・リリさんとモモ・ハルさん(違

地蔵インコリリ
最近買った本に、「鳥は別に飛びたいわけではない」と書いてあったけど、
ほんと、アキクサインコはできればぬくぬくしていたい鳥ですね。
前は1時間放鳥していたのに、
リリが20分で地蔵インコになるようになってしまいました。
高いところか、巣箱的なところでじっと。
いつもの橋の上
テーブルの下です。
ココちゃんはどこですか?

次の間のココ

位置関係はこんな感じ。
控えております
リリが地蔵になりかけても身じろぎすると、
ココが背中に飛びかかって、追いかけっこになります。

リリは溜めフンをして卵を産む準備をしているっぽいですが、
どうも「ピピピ」はしないですね。
まだすべてが整ってはいないようですね。




大人気、朔&開邸
朔&開邸が気になるリリ。
毎日頑張ってよじ登っています。
中の住人は戸惑い気味。


あがががが
手乗り扉だけ横網になるので、よく登っています。
今日はかなりしつこく、アキクサをつけまわしていたモモ。
ツビくんちには布をかけて隠したほどでした。



集まってみた
そうだ、セキセイ同士で遊べばいいのだ。




複雑な鳥関係
なぜしずくの前で、男子同士でチューするんだ?!
このあと、しずくはハルの足をかじってました。
たぶん、しずくの好きな順は、
カゴ越しモモ>リアルハル>>>カゴ越しハル>リアルモモ
じゃないかな・・・?

うーん・・・モモとハルの組合せは、
ホンニンたちは楽しそうだけど、
しずくがちょっと置いてけぼりでかわいそうだなあ。
スポンサーサイト
マルチミネラル
あら? なんか美人じゃない朔ちゃん(;゚д゚)
熱心にプラスリンを食べています。

最近、ネクトンをやめて、プラスリンにマルチビタミン・ミネラルを一緒に入れています。
オカメインコのブリーダー、tery's birdsさんで購入しました。
ネクトンは毎日エサに振りかけたり水に入れたりするものですが、
tery's birdsさんでは、
マルチビタミン・ミネラルのパウダーを、小さい容器に入れっぱなしでOK、
と書いておられたので、
手間が省けてイイと思ってお試し中です。
(プラスリンは1週間に1度は替えるのでそのときに一緒に替えます)
ボレー粉やプラスリンと一緒でいいそうで、
鳥は自分に必要なとき必要なだけ摂取するとのこと。
(成分表示や製造元は不明ですが、ネクトンだって大半ブドウ糖だし)
鳥たちは気にせず、
いやむしろ好んでパウダーがまぶされたプラスリンをかじっております^^


換羽中の朔
今換羽まっさかりの朔。
ボサボサして頭にも筆毛が。
帰宅時についほぐしてみたけど、飼い主は爪を短く切っているので、ほぐれませんでした。
アキクサの頭部の羽毛は薄くて、
すぐ頭がい骨ゴリゴリな感じで、あまり楽しくなかったです。


ツビsスタイル
ピンボケですが、がんばってる足が可愛いツビくん。


もにょん
やっとピント合った~。
ツビくんも、放鳥開始から20~30分もすると、
ケージの上から自宅を覗き込んで、戻ってしまうことが多くなりました。


落ち着き払ってin
絶対入ってる開。
約束、ではないけど…


せめてアップを
自ら出る気は一切ない…
写真撮ってから、追い出してやります。
なんなんだろ…自分ちのほうが暖かいのに。
HOEI615より、465インコの方が居心地いいのかなあ・・・
でも開は体がでかいから、朔と2羽では狭い気がします。





秋
みなさまも朝晩の冷え込みにはご注意くださいませ~。
  • 平和な休日でした

毎回驚いてしまう
ツビくんがロープに止まってると、毎回スゴイなって思います^^


お外よく見えるね
外は雨。
野鳥の声が聞えていました。


張りのある胸
放鳥時、8割がた、「ちょこんバー」に居て動かないしずく。
大丈夫なの、その胸・・・
またそのう炎になってない??


曲線美
はぅっ(;゚д゚)


寸胴美
だ、だよね!



ツクツク
朔の頭には細かい筆毛がたくさん。




自信
みんな可愛えぇで~(っ*´∀`*)っ





巣ごもり
リリちゃん、また屋根があって薄暗いところに・・・




ぷりってしないでね
そっとしておいてあげたいけど、ぷりってするから・・・
  • 変わりなく過ごしています

でへへなしずく
ハルを迎えて、一番喜んでいるのはしずくかもしれません。
気難しくて天邪鬼な女の子は、こういうストレートな男の子の出現を待っていたのです。


緊張するハル
カメラに気づくハル。


固まるハル
それでもかなり近づいて撮れるようになりました。
しずくもカメラを気にしていません。
無害なものって分かれば慣れてくれます。


モモごまかす
モモはカメラを向けると急に羽繕いを始めたりします^^
ちゃんとこっちを警戒してます。

モモしらを切る
( ´艸`)ムププ




圧倒
ハルとモモで放鳥したら、2羽でモモケージに入りました。


おふたりさんinモモんち
いつも他の鳥に迫りまくって困らせていたモモ、
少しは加減を覚えてくれるかな。





慰めてくれる鳥
おばちゃんが元気ないと、いつもより多めにチューしてくれるツビくん。
肩に飛んできてくれる回数も増えます。



通じないらしい
でも言葉は通じないみたい(;´▽`A``
ツビくんの真似して、仲良しの合図送ってるんだけどな~。
使い方、間違ってるのかな~。




エサ入れを外すと
エサの交換のためエサ入れを外すと、
隙間にたまったシードを毎回ついばんで掃除してくれます。



いいよね
いいねえ、ピンクの毛玉2つって、いいねえ。
開と朔、止まり木であと3cmくらいという間隔で並んでいるときもあります。
(決してくっつかないけど)




リリのお気に入りの場所
ぐらぐらしているところで、わざわざ羽繕いをしようとするリリ。
エサを入れておくタッパーのタワーです。
リリちゃん、そろそろ卵はどうですか?

い、いや、増やすつもりはないんだけど!!
この季節、巣箱とか雛とかみなさんのブログで見てしまうから、
つい欲が・・・いかんいかん。
いつもの朔ちゃん?
いつもの朔です。

11月20日の朝、放鳥後に、朔の目が腫れているのに気づきました。
びっくりして近づいてみると、プシュっと鼻水を噴射。

朔ちゃん、風邪ひいちゃいました。


いつもの病院が休みだったので、
別の病院へ。
こっちの先生もいい先生です。
聴診器を当てて心音を聴いてみえましたが、速く打ってることもなくて、
たいしたことはなかったみたいです。
「そのうが空に近いね。抗生剤だけ出しておくね。
 エサを食べているか注意して見といて。
 フンは一日に最低40個は出るはず。
 食べないようなら栄養剤を出すね」

とのことでした。

帰宅して抗生剤を飲ませ、朔を戻し、
ケージの透明カバーの前垂れを下ろして急いで出勤しました。

父にあとで聞くと、日中のケージ内温度は24~5度だったとのこと。

あわわ・・・( ̄□||||
たまたま、tery's birdsさんで、
「病鳥の保温は最低30度。
 25度だとゆっくり弱っていく
という
記事を読んだばかりでした。
たしかに秋口に朔が風邪を引いたときも、
プロポリスを飲ませてケージ内を25~6度にしましたが、
クシャミがなくなるまで、かなり長引きました。

そこで、次の日の朝、出勤前にHOEI101角ケージを組み立て、
透明テーブルクロスを切り貼りしてカバーをこさえ、
ひよこ電球を設置して、療養ケージを作りました。
温度が上がらないのでバスタオルをかぶせて、ようやく30度に達しました。

朔を放り込んで時間切れ。あわてて出勤~。


次の朝、ケージ底を確認すると20個くらいしかフンがなく、
いつもより小さかったです。
エサもほとんど食べていません(´;ω;`)
ど、どうしよう・・・

そうだ、こんなときは朔の好物、エッグフードだ! とやっと気づいて入れたとたん、
匂いでそれと分かるのか、すぐ降りてきて3口ほど食べました。

朔、命のエッグフードを食べる
あまりに嬉しくて写真を撮ってしまった。


療養部屋ちっちゃ
奥行きが26cmしかない小型ケージです。
朔の尻尾が後ろ網にひっかかって方向転換できないくらい。
でも60Wのひよこ電球を入れても30度にならないので、
バスタオルで暖気を逃がさないようにしました。
これでなんとか30度になりました。

開やっと撮れた
療養部屋の正面にあるツビくんちから、眺める開。
朔ちゃん、風邪ひいたから、今ぬくぬくしてるのよ。



胡麻目撮れた
開は、とりあえず朔の姿が見えるからか、たいして動揺せず。
少しは呼び鳴きとかするかと思ったけど、朝一声二声鳴くようになっただけです。

開、いつもと変わらず
放鳥時もツビくんちでまったりするだけ。

ぽつーん
広すぎるおうちで快適そう・・・

んーむ・・・
でもこれなら朔を一冬療養部屋に入れておいても、大丈夫かな。
朔&開ケージは大きいのでどう頑張っても30度にはなりませんから・・・
もうほんと、朔が風邪ひくだけで、おばちゃん寿命が縮まりそうだったわ。

今日はもう、抗生剤・保温・エッグフードのおかげで、
短時間の放鳥に出すくらい元気になっています(≧∇≦)b
  • 地味ながら重要なアイテム

小顔のココ
よく見るとアキクサもセキセイも、一羽ずつ頭の形や大きさ、体型、尻尾の形など
全然違うな~。
ツビくんの目が大きいと思っていたんだけど、ツビくんは頭も大きい。
ココはめっちゃ小顔でした。


つり目のリリ
ゆっくりできますよ~。
おばちゃん山に登っていいですよ~。
「大好きん」あげま~す。
りっちゃん、チュ~してくださいな。





ハル・しずく
このあいだ我慢できずに、首の後ろのツンツクほぐしたので、
今はじっと我慢・・・




大人気ミネラル


ミネラルとらんと


私もとらんと




ざくざく

顔上げたツビくん
腹毛が(*゚ェ゚*)


足入ってるよ
ああ、足入れちゃった。

このふち付きのエサ入れはとりきち横丁さんのものです。
鳥が乗ってもひっくり返らないという特長があります。
3つ持っててフルに使っています。



※※※



鳥の巣
モサモサと遊ぶツビくん。



パッカリ
どうって、どうって・・・鼻を突っ込みたい。



可愛いしずく
警戒気味の黒く小さな目、イエローフェイス、おなかの割れ目、足・・・
あたりまえのパーツが飼い主にとって可愛くてならんのは、
やはり心が多少通じるようになったからでしょう。


元気になったよ
少しまだ左目をつむりがちな朔。
父は早く元のケージに戻せと言いますが、う~ん・・・
私としては朔を過保護にしてもしても足りないよ~。
あっ! ハルくんが!


記念的



瞬間☆


それだけw
  • 朔、もとのおうちに戻る

見下ろしてます

うかがってます

いつでもどこでも
カーテンレールの上なら、飼い主はリリに手が届くので、
ココがすごく警戒していました。




こういうとこがね


なんか可愛いのよね
リリは、自分は存在するだけで愛されると確信しています。


護衛
ココからの圧力がものすごいです。



ココ横顔
ま、カップルが成立しているんだから、喜ぶべきか。



今日、朔の療養部屋を解体して、朔&開ケージをリフォームしました。

工夫


ケージ内温度
ヒーターを2つ入れて前垂れを下ろしたら30度に達しました。
60Wと100Wです。

健康な開を無駄に温めることになるので、本当は別のケージにしたいですが、
スぺースがないため仕方なくこの形に・・・飼い主、気に入らないです。
再開を喜んでラブラブしているならまだしも、
ホンニンたち、お互いそっけないにもほどがある(´;ω;`)




手前の止まり木にモッフリと
むっつりツビくん。




すねている
「くぴっ」の意味をツビくんが分かってくれて、
「くぴっ」っていうと、いっぱいチューしてくれるようになりました。
その際はツビくんの鼻毛がモジャモジャします。

それなのに今日はほったらかし。すねてケージに入ってしまったツビくんでした。