セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • ごぶさたしております

久々の更新になってしまいました。
日々大変でしたが、その中でも鳥の存在は救いでしたね~。
みんな元気です。



斜め
菜っ葉を食べるために握力が必要なしずくちゃん。ものすごい斜めやね。
止まり木は斜めでも、あまり気にしないですね、インコは。


かたっ
連日そのうマッサージしているときの警戒の表情。




青インコ
黄色素がまったくないのでブルー。
青いね~。びゅーてぃふるやね~(*´ω`*)


表情あるモモ
味わいある顔になってきましたね。


チークパッチ水平に見る
きゃ~(*´ω`*)



かじってます( ̄Д ̄;;
モモは腰羽あたりから自分でかじりはじめて、
胸までポソポソした羽に・・・(´;ω;`)
パンクだね、と褒めていますが。




無防備朔ちゃん
ピンクと黄色の羽。


麻の実朔
自分では割れないことも多い麻の実。
誰かが食べた後の殻まで噛み噛みしています。

しょんぼり朔ちゃん





背中から
荒鳥のくせに後ろをとられておる。。。



朔アップ
でも、そのあんぽんたんなところが可愛いのよね。
スポンサーサイト
こっちみるココ
ココは放鳥時、腕や肩にひんぱんに乗ってくれます。
その感触がたまらんです。
ま、リリを守ろうとして、攻撃されてる飼い主なんですけど…
アキクサの攻撃は可愛いもんです。
唇ちみ~だけは痛いので気を付けています。

手乗りキープのため、麻の実は飼い主が爪先で割って手渡しします。
すごく喜んで食べ、全部リリに与えています。

あむっ

あむ2



鼻毛で解析
時々この鼻毛くりくりを飼い主の手にやってくれます。
とにかく触覚に訴えるココ(*´ω`*)





麻の実開ちゃん
麻の実大好き、絶対笑ってる開ちゃん。


140122開の背中
もともと肝臓が悪いと思われる開。1/22の写真。
換羽の際、色がおかしくなってきました。
まず頭が黒くなってきて・・・

140208開の背中
黄色、ついで青い羽が背中にぽちぽち。2/8の写真。


140304開の背中
3/4の写真。
どうしても撮らせてくれないのですが、頭部にうっすら青まで出てきました。
オパーリン遺伝子、成鳥になってからも働くのでしょうか??
(オパーリンは、ノーマルが持っている色を配置換えする)

いや、麻の実で肝臓に負担をかけたのかも、と猛省。
暖かくなってきたので、麻の実や脂肪分の多いシードを減らしていきます。
もいもいリったん
リリはいつも羽繕いをしているわりには、ボサボサです。

おすまし写真
おっ、可愛く撮れたぞ~。



いたずら
けっこうな勢いでかじります。


リリ正面
ゆ、ゆるす…(* ̄ii ̄)






ヒーターで扇
藤の止まり木に乗るようになったツビくん。
ときどき扇を見せてくれます。


頑張るツビくん
オーツをつまもうとしております。


ツビ腰羽
すべすべ綺麗です。



この目の力
ほんと癒される。虹色の天使か、あんたは…






ハルっぽろ
2文字で呼べるようにと名付けているのに、
ハルっぽろくん、と呼んでいる飼い主。

反抗期でして、「じぇじぇじぇじぇじぇ」といううるさい鳴き声が出てきました。
ケージへ戻すときも毎回駆け引きをしています。
最後は断固としてタモで捕獲します。


2羽走り回る
毎日モモが床を走っているのを見て、ハルも真似をします。



体格差
ハルの方が一回り大きいため、モモのおやつもしずくも取ってしまいます。
でもハルはモモが大好き。
熱心に口説いています。



年の差が
しずくは老け方が早いので、元気すぎるハルとはちょっと合わず、
くちばしをつつかれながら、じっと我慢しています。


なかなかハル単身の写真が撮れません。
ハルはケージに張り付いているときのおなかが可愛いのですが、
その写真はまた今度。


これですね。
すみません、ボケてて…近づけないのです。

配色の可愛さ、ムチムチのおなかにタッチしたくなる衝動。
床にモモがいるのでこの位置からよく見ようとしています。



sizukukadokko.jpg
モモとハルが床にいるときは、しずくがこれやってました。


016.jpg
モモちゃんは特別だよ。おいし? おいし~ね。いいこいいこ、モモはいいこ・・・


ハルと2羽、あるいはしずくも加えて3羽で放鳥すると、
やはり力関係はハルの方が上みたいです。
モモがしずくに近づくと阻止されますし、やなぎボールで遊ぼうとしても追い払われます。
モモが最近、放鳥中に飼い主の肩に止まるのは、
荒鳥のハルが飼い主に近づけないためです。

いちおう先住鳥を優先するということにしています。
モモの羽かじりは、ハルの存在とも関係していると思います。

今日、オーツ入りのおやつ入れにモモを乗せていると、
2度ほどハルが飛来しましたが、
さすがに止まることはできませんでした。

また、それを示すために、モモは飼い主の手にかみついておやつを催促することもあります。



1403091.jpg
あっ。。。


040_20140309182307107.jpg
朔&開邸のお風呂を借りるツビくん。
上の止まり木では、朔が
「たいへん たいへん わたしのおふろが たいへんなの」
と右往左往していました。
だいたいお風呂じゃないからね。水入れだから。


024.jpg
かならず毛玉取りをしてくれます。



1403041.jpg
う~ん、写真には写らないなあ。
肉眼では青いのが確認できるのです。
開の頭はピンクの羽に黒っぽい縁取りが出ているのですが、
額部分だけ、黒が藍になっています。
しかし、過去の写真やよそ様のローズを見ると、
「わあすごいピンク!」
と驚きます。

今みな換羽中です。
開は右の翼の羽が抜けたらしく、毎日1~2回試し飛びしてみては、
「今日もまだ生えていない」
と引きこもります。
  • 開ちゃんシャワーを浴びる

外はあられが降っていました。

鳥部屋はどわ~っと暖かいです。
朔としずくが長生きするよう、暖かめにしています。


手乗り扉に出てきていた開に、霧吹きで水をかけてみました。

001.jpg
戸惑い、しぶきに目をつぶりながらも、
翼を上げて浴びる体勢になる開。

水浴びしたいというより、反射的な行動だと思いますが、
いつもは逃げるので、お、やる気だな、と思って、ぷしゅぷしゅ。

002.jpg
えっ、もいもい中は水をかけてもいいの?
うちのインコたち、水入れは別として、お皿に水を張っても水浴びしません。
水浴びの手順が分からない飼い主。


004.jpg
あ、かけすぎた模様。



005_20140310161025c47.jpg
羽がぶわーっと逆立つのが面白くて、調子にのっていたら、
ぐっしょりになってしまいました。
床もびったびた。エサは取り換えました。
開をあとで見たら、ヒーターの上に乗って扇をして乾かしていました。
  • おhentaiってやつですね

001_201403151130314d1.jpg
ココのおしり❤
青パンツにバラ色アクセント。
尾の表は黒っぽいですが、裏側は白。


002_20140315113032244.jpg
アキクサインコ、裏側までよくできてますね。
童話で、神様が鳥の色を塗る話がありますね。
クジャクは最後だったので、全部絵具を使ってみたら、
裏側は絵具が足りなくて白くなったとか。




017.jpg
ツビ夫くんはファローなので、ノーマルよりバラ色が際立っています。
むふ(*´ω`*)←ものすごく何枚も撮った



006.jpg
換羽自体は順調で、質感はつるつるな開。
年中ぼさぼさなので、珍しいです。


027.jpg
2、3枚、ピンクに青の縁取りの羽が。
どうなるの、これからどんな色になるの~…
目が離せません。



032.jpg
  • おばちゃんに乗るアキクサインコ

035_2014031519543193b.jpg
膝に乗るリリ。
背後でココが元気を持て余して飛び回っています。


038.jpg
このあと、ココもリリに付き合ってぼ~っとすることに。


041.jpg
リリは先日の地震でパニックになり、左の風切羽が抜けたので、
今日は特にじっとしていました。








042.jpg
これは腰をぬかしている朔。
細い。目がでかい。
投薬後、つかんでいた手を開いてリリースしたのですが、
朔も風切羽が抜けてうまく飛べず。
モモのケージの側面に張り付いてしまったので、
腕を出したら乗りました。
でもたぶん分かってないです。


043.jpg
ひたすら目をみはっています。
んま~可愛いわぁ。



044.jpg
だがしかし、正面から見ると、
なんてマヌケな顔なんでしょうか( ´艸`)



そ、そういえば、証拠写真はありませんが、
しずくが初めて、近づけた鼻をなめてくれました!
今日はいい日だったヾ(*´∀`*)ノ
  • ツビくんの気が荒くなる季節


こんにちは。あんぽんたん朔です。


 
          ↓朔
014_20140324091001975.jpg
放鳥時の主な遊び場である、黄君邸と、ココ&リリケージ。
ここに近づくと、ツビくんがめっちゃ威嚇してきます。
もうチューしてなんかくれません。


016_201403240910022fe.jpg
ここはツビくんの縄張りで、朔を守ろうとしているのですね。
たとえ朔がいなくても、縄張りを守ろうと威嚇してきます。
分かっててもちょっと淋しいおばちゃんです。





017_20140324091004bbb.jpg
開ちゃん進化中。


026_2014032409100586d.jpg
徐々にノーマル化していますが、
完全には黒くならないんだろうなあ・・・





012_20140324090941938.jpg
モモが床でペンペンと遊んでいるとき、
ちょっと近づくと、飼い主の足をつつきにきます。
危ない(;´Д`)

013.jpg





006_20140324090938745.jpg
ハルに近づくと、
ケージ内あちこち飛びついて逃げます。


011_201403240909393e9.jpg
どうしてもおなかが撮りたい飼い主でした。
開ちゃんが手乗り扉にたたずんでおります。




030.jpg
朔ちゃんちというか、新しい療養ケージです。
GBの375手乗りです。



031.jpg


033.jpg
朔は別にどこも悪くないです。
くちばしの中で舌をペロペロ前後させるので、
口内炎を疑って獣医さんへ。
2軒いきましたが、獣医さんにいるときはペロペロしないし、
吐き気もなく、口腔内もなにもできていないとのことで、
現在は保温しているだけです。

でも驚愕の事実が。

朔は39gがベスト体重でしたが、
今回獣医さんに連れて行くときに測ったら35gしかありませんでした。
それであわててエッグフードと麻の実を与えていましたが、
2軒目の獣医さん、朔をつかんだとたんに、
「ちょっと太り気味だね」
と言ったんですΣ(゚Д゚ υ)

え? え? 聞き間違い?

「ちょっと胸に脂肪がついてるんだよね。
 体重測ろうか。
 …34.1gだった。
 すこーしだけダイエットするといいね。
 この子30gでも大丈夫だと思う」

うそお…
こんなに小さいのに太り気味だったなんて!!
さ、30gって…マジか…
でも、骨格が華奢なので、無理に太らせなくていいんですね。


明日からエッグフードはプラスリンに変更よ。
037.jpg
小柄な朔には375でも奥行きがありすぎでした。
透明テーブルクロスも在庫が尽き、
夏用の天井カバーときれっぱしをツギハギしました。
天井用は買い足さねば。



019_201403301859501bf.jpg
ココがリリにプレゼントをあげたあと、ちょっとよそを向く様子(*´ω`*)

リリも一時結膜炎でHOEI101角の療養ケージに押し込まれていましたが、
すっかりよくなりました。
リリがあまりに窮屈そうだったので、
375手乗りを買うことになったのでした。




001_201403301859360d6.jpg
足の悪い子に、表面がガサガサなのがいいかなと思ったんですが、
これでもすべってます。
すべりながらも愛用中。



005_20140330185939905.jpg
ヒータを囲むように曲がっているので、暖を取るには都合がいいみたい。
100%条件に合うケージや用品ってないのだけど…
あるものを上手に利用しているのを見ると、
おばちゃん感心しちゃうわ。

ヒーターやカバーは、個体によっては5月中旬まで使用します。