セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • お野菜とインコさん

025_2014062709341316b.jpg
小刻みに揺れる菜っ葉。
しずくっぴが裏で水滴をなめています。


036_201406270934161df.jpg
しずくは毎朝、菜っ葉が来るのを楽しみにしています。

エサを替えるときに、しおれた前日の菜っ葉を取り除いて、
新しい菜っ葉を与えるまでに1時間くらい空白があります。
飼い主は、その間、水替えや掃除、放鳥などをしています。

そうすると、しずくが白いクリップのそばで
「まだかな まだかな」と待っています。
その姿を見た飼い主が、
「あ、いかん、菜っ葉なっぱ」
と思い出す、そういう手順です。






しずくさん、張り切ってご出勤です。
017_20140627093340482.jpg
まだこちらは本気でかじってないようです。



020_20140627093342637.jpg
不敵な笑みであります。



022_20140627093412c76.jpg
このロープが切れたら困るな~。
壁紙をかじられたりするよりはいいと思って、
好きにさせておりますが…
まだしばらくはだいじょうぶなハズだ…o(;-_-;)oドキドキ


※※※



朔にひさしぶりにブロッコリーを与えてみました。
朔しか食べないから青菜ローテーションから外れてしまいましたが、
うちに来た当初、よく食べていた記憶があります。

ささ、遠慮せず、どうぞ~。

005_20140701195527ee1.jpg

最初、ケージ内につけたら、見向きもしなかった…orz
放鳥時におやつ場に置いておきましたが、
やや警戒気味。

開もツビくんも結局近づきませんでしたが、
朔だけがブロッコリーの近くに来ました。

011_20140701205750725.jpg




012_201407011955304b5.jpg
勢いよくクチバシをブロッコリーに突き立てました。


014_20140701195543b49.jpg

018_201407011955440d2.jpg
朔の食べ方はなかなか豪快です。




009_2014070119552952d.jpg
食べてくれて、ありがとう!
スポンサーサイト
001_2014070119552445c.jpg
雄々しいココさん。


002_201407011955263b6.jpg
すばらしい棘のような鼻毛。
これで手などタッチされると気持ちいいですが、
はて、野生では何の役に立っているのだろうか…




ココの爪が毛羽立ったカーペットにひっかかるようなので、
久々に備長炭ブランコをつけました。
爪切りもトライしたけれど、後指とか内側の指の爪が切れなかった。

爪切りのために捕まえると、開は噛んで血が出ます。
ココは逃れようともがくだけで、噛まなかったです。ええ子や。

006_201407032116372d8.jpg
この配置だと、可愛いお顔が見えないんですけどね(ー∀ー;)
手前の方にセットしてあるので・・・

あ、やっと、朔以外の透明カバーとヒーターを外しました。
今年は、6月は日中暑いのに朝の冷え込みがあり、
鳥の体調にハラハラしどおしでした。

でもカバーをとると風通しも見通しもいいし、
ヒーターがなくなった分ケージ内も広々していいですね。




次は雄々しいツビくんをご紹介しましょう。

003_20140703211528b90.jpg


002_201407032115268f7.jpg
アキクサインコのオスが胸を張る仕草です。
開やココは、下から高い止まり木に飛び移ったときなどに胸を張ります。
ツビくんのは同じ場所でやりますが、
かなり低い体勢からで、メリハリ利いててかっこいいです。





<おまけ>
ツビくんの(なんでもない)動画。


「むいん!」は撮れなかったんだよ~( TДT)
  • 哀しき皿巣の失敗談

012_2014070920064771c.jpg
ツビ夫くん、正式な呼び方のアクセントは、
大阪風にツビくんです。
※今日の写真は記事内容と関係がありません。



010_201407092006450f9.jpg
私は、元の飼い主・とっちゃんさまとはメールでやりとりしていたため、
文字で「ツビ夫君」と書かれているのを見ていました。


008_20140709200644b50.jpg

私の地元では平らに発音するのですが、
とっちゃんさまが天国に旅立たれたあと、
娘さんとお電話でお話しすることができまして、
「あの、譲っていただいた鳥は元気です」
「あ、ツビ君ですね」
とおっしゃったんですよね…(ノ゚ο゚)ノ オオ オオサカベンヤ!


えーっといきなり脱線しました。
えと。
ツビくんの動画をUPして、何回も再生して見ました。
ほぼ私です、見てるの( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

UPするのも迷ったのですが、
足が滑る様子はけっこう痛々しい、かも。
…見慣れていない人が見たら「可哀そう」って思うんじゃないかな…
あれが普通だけど、
もしかしたらそう私が思い込んでいるだけで、
ホンニンは辛いのかも?
…(;゚д゚)
だんだん心配に。


ツビくんの婿入り道具の中に皿巣がありました。
ケージの狭さやフンのことを考えて、
採用しなかったのですが…

久しぶりに皿巣のことを思い出しました。
たしかにあれだったら、足が滑らずに、おなかをつけて休めるかも。
思い立ったが吉日。
さっそくポチっと注文してみました。

届いたのでワクワクしながら皿巣掛けを付け、
まずはツビくんにケージの外に出てもらいました。

ああでもない、こうでもないと位置を修正したりして、
前ヒーターがあったとこに取り付けました。
いざツビくんにケージに入ってもらおうとすると、
入口で皿巣を見て、ビックリしてのけぞり、
飛んで逃げてしまいました。


024_20140709200700f01.jpg

いやがるのを何回も促してなんとかケージに入ってもらいましたが、
上の方につけた皿巣を怖がって、
ツビくん、底の隅っこに逃げてしまい、動きません。

そのあと買い物に行った私は、
父にツビくんがパニックにならないように見守りを頼みましたが、
やはり断固拒否ということで、
留守中に両親が取り外してくれました。


ツビくんの足が滑らないようにするのだから、いいことだ。
以前使っていたのだから覚えているはずだ。
そう思い込んで、目の前のツビくんの様子を無視してしまった…(_ _|||)


018_20140709201424380.jpg

とりあえず、皿巣を外して曲がった藤の止まり木を取り付けていたら、
無理にネジを回しすぎて、
埋め込みナットが取れてしまったー( TДT)

藤の止まり木、けっこうツビくん気に入ってたのに!
バカバカバカ!!

ああぅ…あわててCotte cotteさんに見に行くも、
売り切れてるぅぅ…


そして、次の日は、愚行を犯した飼い主に腹を立てた様子もなく、
頭に乗ってくれたツビ夫くんでしたが…

さらに翌日には、結膜炎に///orz///ズゥゥゥゥン
(ストレスで結膜炎になる傾向がある)

結膜炎は細菌性のもので、
動物病院で目薬をもらってきました。
結膜炎なのは片目だったですが、点眼は両目にしてください、という指示でした。
1日点眼したらほぼよくなり、安堵しました。
ツビくんも捕まえたとき、噛まないな…(´;ω;`)ゴメンネ



027_20140709200702de4.jpg
※すぐ捨てました…
052_20140710195721949.jpg
ツビくん、3回くらい乗ってきて、フリフリしてました。
(たいてい途中で滑り落ちます)

結膜炎はほぼ治まったようです。
念のためもう一日、目薬をさしました。
今日は捕まえたら「グェ~」と唸って抗議したので、
負けん気の強さも回復しているようです。


開のおうちで水浴びを試みるツビ夫くん。
059_2014071019572468b.jpg
ちょっと深いので、足を入れるのをためらって、
まだ成功していません。



062.jpg
いつもの開の記録。


そういえば…
最近、開がツビくんに威嚇するようになりました。
ココ&リリのケージの上がおやつ置き場で、
開はリリを守ってるのかおやつを守ってるのか判然としませんが、
ツビくんがおやつ置き場に降りようとすると追い払います。

044_20140710195701c2e.jpg
開がツビくんちに入ってしまえば、
あとはツビくんも安心しておやつが食べられるけど…
仲良くしてほしいな。ちょっと淋しいなあ。




054_20140710195723ed5.jpg
ごめん、朔ちゃん。
エッグフード切らしてます…(・ x ・;)

うーむ、今月の鳥予算は使い切ってしまった…
(100W電球とか、キクスイさんのエサとかけっこう高かったの)
明日おばちゃんのゆで卵を分けてあげましょう。



036_201407101956343dc.jpg
いつ見ても薄汚れているリリ。


その上、リリは薄羽(うすげ)。
037_2014071019563592c.jpg
頭なんかペッタンコでしょう。
ルビノーはそうなのだと思っていたけど、
よそのルビノーさんはモフモフだったりするので、
個体差なのですね。





031_201407101956299e3.jpg
はい、いつだって今のしずくちゃんが最高です(* ̄^ ̄*)
かじり木コーンにグリグリして、だいぶ筆毛も取れたしね。
今は紺の尾羽がなく、
クリーム&ミント色の下尾筒、覆尾羽を楽しめます。







034_201407101956323b8.jpg
一度人に譲ったマンガをまた自分で買って読んでる飼い主。


040_20140710195657d8c.jpg
登場するどの猫も可愛くて切ないねえ…





041_201407101956582a0.jpg
お弁当に買ったけど使わなかった個包装のドレッシングが…


042_20140710195700631.jpg
し、しばらく置いておくか。
010_20140713201547cbc.jpg
開を、HOEI615手のりケージ(特大)から、
HOEI465インコ手のりケージ(大)に
引っ越しさせました。


横から見ると…
012_201407132025144bf.jpg
①エサ入れの前 ②中段 が基本で、
中段の真下③はおまけ、
エサ入れの上④は備長炭ブランコになっています。
⑤⑥は向きを変えて後面に直角に設置。

観察していたら、③はほとんど使わない。
やはり余分かな。外すかも。
④の位置は妙によく使うけど、
備長炭が軽すぎてブランコ揺れすぎ。

太い備長炭が…ない。
捨てちゃったらしい。前の私が。
このオタンコナスが~ (# -_-)=○()゜O゜)
ま、普通の止まり木でも開は④の位置でよく使います。

あと、エサ入れを浅型バード食器M・Lに替えてみています。
アキクサにはMなのか、Lなのか、微妙。
朔にはM、開にはL。

002_20140713201546fca.jpg
黒い爪のココさんはL。
しかし同居のリリさんは中に入ってしまう。

エサもまた変えてみました。
よくあるタイプの配合餌で、安くてレビューもよく、
オレンジフラボノイドとかよさそう、と思って。

そしたらアワが多いのと、ムキアワにクロレラを添加したのが入っていて、
これがどうもうちの鳥の好みではなかったらしい。

カナリーシードを好まないしずくと朔が、
カナリーばっかり食べていました。

いや、うちのインコがアワが好きじゃないのは知ってたけど…
ヒエがなかったらアワを食べなきゃだめじゃない、と思って…orz



019_20140713210640da9.jpg
ツビくんの止まり木を新しく刻んでみた。
思わぬところに深い凹みがあり、戸惑っていました。
凹みよりも木の節のような凸に、
足をかけて滑らないようにしているところを見たので、
UMJ工房さんで、小さい節のあるヒノキの止まり木を注文中。
文鳥屋さんのはもっとリーズナブル。



020_20140713212852a0a.jpg
幅広でまっすぐな尾です。
  • 鳥さん用品楽しいな

049_201407171924385a8.jpg
スゴイヨ…
鞘ガラが盛り塩みたいになってたヨΣ(O_O;)

フン切網を捨てちゃって、ないままケージを使っていたら、
ハルが底にダイブするので、
エサ殻と鞘ガラが散らかって仕方なかったんです。
しぶしぶフン切網を購入したところ、
飛び散りはかなり軽減し、
たまって小山になっていたわけです。



038_20140717192436676.jpg
ハルはこの「ちょこんバー」をよくひっくり返すのですが、
今までなんでだか分からなかったんです。
パステルカラーのビーズさんに勢いよくアタックしてたんですね。



032_201407171924359c5.jpg
ハルのケージをこの高さまで右手で持ち上げ、
左手で囲うようにして、ハルを自分のケージに追い込みます。
ハルも一応分かっています。






005_2014071719234840a.jpg
開の冷たい視線(*´ω`*)アラヤダ
不評だったエサはやめて、アクアペットサービスさん+αのエサに戻しました。
みんなよく食べ、開でさえヒエを食べていました。
ヒエも悪くないでしょ~。



007_20140717192351ff8.jpg
余分な止まり木は除き、シンプル広々。
開1羽じゃ広すぎるかな? 奥行きはちょうどいい感じだけど。
鳥を飼い始めたときは、広いケージを好んで買ってましたが、
放鳥時間がしっかりとれているので、
今はコンパクト志向になってきました。



こちらココ&リリケージ。
006_20140717192350f9a.jpg
ええ感じに曲がっとるなあ~。
UMJ工房さんで買ったヒノキの止まり木。
偶然にも、前につけていた止まり木と似た曲線だったので、
ココ&リリは違和感なく使っています。
止まり木とエサ入れがえらく離れていますが、
2羽ともピョンと飛び乗るので大丈夫です。




019_20140717192413c49.jpg
肝心のツビくんは、「マルカン森の小枝」を愛用中。
木の節(Y字をカットしたところ)をしっかと握っています。

ヒノキの止まり木も、驚かずすぐ使ってくれましたが、
ガサガサの樹皮を楽しくかじって、すっかりはがしてしまいました。
期待していた木の節もほんのポッチだったので、
まだ使っているのを確認できていません。
座金と端っこの節との間で足をふんばっているのを見かけたので、
これから工夫して使ってくれるかも…



008_20140717192352c2d.jpg

010_201407171923546b6.jpg
もちろん、ダメなら元の止まり木に戻すからね。



020_20140717192415bbd.jpg
リリは薄羽のため(?)、同居のココより、朝の冷え込みに弱いです。
当分は大丈夫でしょうが、
リリだけ保温したいときのために、療養ケージを物色中。
鳥さん予算増大中。

柔らかい表情のモモ。
今日はけっこう肩にも長居してくれました。
(ハルから逃げるため)
頬のほくろはつつかれるけど、最近噛まれたことないなv(*´∀`*)v


074_20140720174413095.jpg
ハルがケージに戻らないので、捕獲して筆毛をほぐしたり、
胸の羽をかき分けたり、体重を測ったりしました。
その間じゅう、モモはご機嫌にさえずっていました( ̄- ̄)



044_20140720174344ffe.jpg
おばちゃんは涼しくてちょうどいいんだけどね。
リリは放鳥時に、飼い主の首元でずっと暖をとっていました。

放鳥後は、室温が上がるまで、ケージの外にヒーターをつけました。



051_20140720174411524.jpg
ハーフパンツよ。
31℃じゃおばちゃん、ちょっと動いたら汗だくなのよ。
綿100%で気持ちがいいので許してちょうだい。




013_201407201743174f4.jpg
んっ?


011_20140720174315885.jpg
しずくの尾羽が2本一緒に生えてきました。
意外に早かったね。


014_201407201743185b6.jpg
あはは、睨まれちゃった。






038_20140720174338f6e.jpg
しずくケージにもヒノキの止まり木をつけてみました。
1日半くらいは迂回して金網を伝って、
かじり木コーンにたどりついていましたが、
やっと勇気を出して降りてきました。


039.jpg
しずくちゃん好きでしょ。


041_20140720174341e5d.jpg
嬉しいと羽繕いしちゃうしずく。


042_2014072017434391b.jpg
感極まって頭もかきはじめる。

木の節で段差があるのに、
そこに腰をおちつけてまったり。
夜もそこで眠ることに決めたようです。


「森の小枝」とはメルヘンチックな商品名です。
マルカンさんの止まり木です。
これにのこぎりで刻みをつくって、紙やすりをかけて…
ツビくんお気に入りの止まり木の出来上がり。

これをヒノキの止まり木に替えてる間は、
ケージの前面に来る頻度が激減していました。
元に戻したら、こうやって前に来てちょんちょん左右に動いては、
さえずって呼んでくれるようになりました。
よかった~(*゚ー゚*)







003_20140723090626639.jpg
最近ココとリリの仲に疑惑を抱き始めた飼い主。
別居のうわさもちらほら…


005_20140723090627790.jpg
最近リリは「ピピピピピ」もしないし、
ケージの中ではリリがココを威嚇し、
放鳥時はココがリリを嫉妬のあまり飛び蹴り。
あんまり仲良しじゃないなら、リリと開を同居させようかな…


003_20140724181246ac9.jpg


005_20140724181248ace.jpg
ということで、ちょっとだけ一緒のケージに入れてみました。


007_2014072418124936c.jpg
当惑をごまかすためか、しきりに頭をかくリリ。
同調行動する開。


009_20140724181251a85.jpg
ま、これが限界で…
30分もすると、リリが開を邪険に威嚇しはじめたので、
リリを元のおうちに戻しました。

その間広いケージにひとりぼっちになったココは、
リリと開のほうを見ながらとても辛そうな顔をしていました。
リリをめぐる開とココの闘いはかなり激しくて、
つい、もう一羽女の子を…とか思ってしまいますが、
たぶん絶対同居できなくてまたケージが増えるってアレですからね、ダメダメ。
もうホント置くとこない。
といいつつ、リリのお里の古家さんちのHPを毎日チェックするのはなぜだ。


016_20140724181252a0f.jpg
あんたたち仲良くたって同居できないもんね( TДT)

真向いだと胸がくっついてしまったので、
少しずれてクチバシの触れ合う距離でいちゃいちゃする しずくとモモでした。



  • なにをどうまちがったんだろ


今日現在の開ケージのレイアウト。
意外だったのは、
開がエサ入れの前の①でよくくつろいでいるということです。
①と③は太めのヒノキの止まり木で、開は気に入ってくれました。


006_20140726103350aab.jpg
今まで、465インコケージはエサ入れが高いとこにあるけど、
このスペースは無駄じゃないのか? と思っていました。
でもこれなら上の止まり木と同じように、
尾羽をゆったり下ろして止まれるんですね。

常にケージを買う妄想をしている飼い主ですが、
サンコー イージーホームバードシリーズは、
エサ入れの位置が高いので、アキクサインコにもいいかも。
大きさ的には37かな。

SANKO イージーホームバード 37GR手乗りSANKO イージーホームバード 37GR手乗り
()
三晃商会

商品詳細を見る

(問い合わせたところ、土台を含まない、本体網の実寸は、
 幅34 奥行き38cmとのこと。 
 HOEI35より1cmずつ小さいです)



011_201407261033521bb.jpg
465インコケージのレイアウトはほぼ決まっています。
開と、ココ&リリ邸もほぼ同じ。


ココとリリは、開とリリよりは距離が近い、かな…
020_20140726103353729.jpg
開が放鳥されていると、ケージの中でリリがそわそわして、
開とリリがチヨチヨ呼び鳴きしているような気がするんですけどね…
でもしばらくはこのペアの同居でいくと思います。
開とリリだとケージに戻すのが大変だったので…(ー∀ー;)


001_201407261033477e4.jpg

004_20140726103349b34.jpg
ハルは1羽で放鳥です。
モモもその方がいいらしく、おとなしくケージの中にいます。
ハルは仲間に近づける場所を見つけて、くっついています。

おかしい…
ケージどころか放鳥まで1羽ずつだなんてめんどくさいことこのうえないヽ(`Д´#)ノ
どうしてこうなってしまったんだ?

大きなケージにたくさん飼っている他の方のブログをみて、
羨ましくてため息が出る飼い主でした。

「サクサク朔ぴーの歌」は、
朔を放鳥に誘うときや、カラスが来てパニックになったとき、
病院にいくときの車中など、
朔に安心感を与えるために飼い主が歌う歌です。
歌うと、ケージから出てくるんですよ。
(たぶん歌わなくてもそのうち出てくる)



029_20140727210200542.jpg
開の色がだんだん戻ってきたのは、
リリへのアピールのためかしら。
リリばかり気にして、開は朔に構わなくなってしまいました。
ま、でもそうするとツビくんが朔に近づきやすいですね。





011_2014072721015617b.jpg
みんな、プラスリンの中の赤レンガは床に放り出します。

ツビくんの「むいん!」を撮りました。
本気出してない感じですが、このような動きです。








024_201407272101593f1.jpg
いいね~、さわやかだね。
モモは促せばケージに戻り、手がかからなくなってきました。
けれども、メガネに飛んできておやつを要求することもありません。
もっとわがままいって飼い主を困らせてくれていいのに…淋しい。
あまりハルとは放鳥せず、様子をみていますが、羽かじりは相変わらず。

あとは朝起こしたあと、文句をいうのはなぜか知りたい。
ツビくんに合いの手を入れすぎなのかしら、と思い、
モモが「ポギヨ」って言ったらぜったい拾うようにしています。
とても忙しいです。



022_2014072721015769c.jpg
伸びよ、尾羽!!
最近、開がケージに戻りません。
下記の図のように、
手乗り扉に戻るとみせかけて、ケージの上に飛び乗って胸を張ります。
父がこれを15回もやられたそうで。


無題



黙ってやらせといたんかい。
こういうときは遮光カーテンを閉めて電気を消し、
暗くしてタモでソフトに捕獲します。
そうすると、
カーテンを閉めはじめると、いそいで自主帰宅するようになります。
特に開はタモを見せるとささっと戻るよ、と
父に言っておきました。

で、今朝私もやられたので、捕獲しました。
みんなの体重測定と爪きりをしていたので、
開も爪切りをすることに。

003_20140731164643f44.jpg
でかくて片手で保定しにくいので親指と人差し指で首を持ってます。
開は軍手をカプーっと噛んでいました。
そして爪を切ろうとしたところ…


001_2014073116464182e.jpg
ぎょえ~っΣΣ┏(_□_:)┓
なにこの緑の足! カビ!? 
ってか、赤い、赤いタコが!!

002_20140731164642052.jpg
両足や~っ( ̄■ ̄;)!


緑なのは、おそらくフンを踏みしだいているからだと思います。
放鳥中、ツビくんちにあるステージにずっと乗っているので。

しかしこのタコはアカン。
開は58g。
体重重すぎの証。
ほっておくと潰瘍になったりするそうです。

そして、コレの前に、久しぶりにココとリリの体重測定をしたんですが、
ココ53g、リリ49gと、こちらも肥えておりました。
(アキクサオスは標準45g、メスは40gくらいとのこと)
リリも赤いタコあります。

他のアキクサブログを徘徊していても、
やっぱこれは重い部類みたい。
よし…ダイエットしましょう。目標は、
開:52g(-6g)
ココ:48g(-5g)
リリ:42g(-7g)

な、7g…そらタコもできるわっ
ちなみに、3羽ともよく飛び、見た目や動作から肥満だとは思えません。
飼い主の基準がぽっちゃり好みなもので、
危険だと認識してなかったんですね。

ちょうど、こないだから開のエサを5gにしています。
ヒエとアワを残すのでもったいないから、という理由でしたが、
カナリーシードばかり食べていた開が、
仕方なくすべてのシードを食べるようになりました。
アキクサインコには5~7g与えていたのを、皆5gにしようと思います。
ほんとに餌の重量、体重の10%でいいんですね。


3年飼っててこのざまです。
止まり木どうこうじゃなかった。
最近体重測定もしてなかったしな~。
ココを48gにキープしようとエサを減らしていたときもあったのにな~。
あ、そっか、昨秋に飢えさせた失敗の反動か・・・

初心にかえります。



004_201407311646459bf.jpg
さて、午前中はハルは一羽でしたが、
午後はモモとハルを放鳥しました。
飼い主はほとんどほったらかしで、なにもしません。
すると、ハルが当たり前のように水浴びをし始めました。




いちおう証拠動画。平凡です。




007_201407311647079f2.jpg
ハルっぽけ子、おまえ、図太いな。



012_20140731164708516.jpg
飼い主の部屋にもズカズカ入ってくるし…
非手乗りの限界で、
さすがに飼い主の体に乗ったりすることはできませんが、
世話係風情をおそれる必要はないとハルは思っているようです。