セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

CIMG5808.jpg
ある日、ぴのこケージにかじり木コーンをつけたところ、
ビビリまくって、上の止まり木に行けなくなったぴのこくん。


CIMG5809.jpg
細~くなって、目を剥いてました。
ぴのこは、頭は悪くないんだけど、小心者だなあと思っていましたが、



CIMG5842.jpg
数日後、乗っていました。
ぴのはやればできる子(*´ω`*)
インコさんて、少し高いところでくつろぎたいときがあるんだよね。



CIMG5811.jpg
一方玲ちゃんは、ステージが好き。
ヒーターが暖かいのが好きなんだろうけど、
取り外したときもずっと乗っていました。
(その後再びヒーターはつけました)



CIMG5817.jpg
玲ちゃんといえばオーツ好き。
しばらくオーツでなくフォニオパディしか出さないでいたら、
しぶしぶ食べて、それから気に入ったみたい。


CIMG5816.jpg
リったんの爪。
病院で切ってもらってすぐ。



CIMG5855.jpg
数日でけっこう伸びる。

病院へ行った後は元通り元気にしています。
体重は一時期50g近くなっていましたが、
今は45g。
でもここからなぜか減らずに1g増えたりします。

エサの適正量が体重の10%だとすると、
標準体重がココ45g、リリ40g程度で、
2羽のエサは8.5g。
アキクサインコはよくエサをまき散らすので9g入れているけど、
おやつもあるから、8gにしてもいいのかな。


CIMG5858.jpg
細くなったココちゃん。



CIMG5847.jpg
放鳥中、2羽でPCに乗ってくれます。



CIMG5818.jpg
インコの爪切りについて改めて調べていたら、
プラモデル用のニッパーで切るという方がいらっしゃいました。
そういえば、ココのプラスチック足輪を切っただけで、
あとはまったく使用していなかったコレ!
試しにココの爪を切ってみたら、
人間用の小さい爪切りより、断然切りやすくて切れ味もよかったです。

最近は爪切りの機会をうかがって、
みんなの爪をジロジロ見ている飼い主です(=v=)



CIMG5868.jpg
飼い主の脚に乗るナナちゃん。
クチバシが長いので、狙ったシードをつまみそこなうことがあります。
また、紙をプチっと噛んで穴を開けることができません。
へこみができるだけ。
ただ、体重も40gをキープしていますし、
十分食べることはできているようです。


CIMG5875.jpg
フォニオを食べる開ちゃん60g。
重すぎるよね…(-゛-;)
一回だけダイエットで48gをマークしたけど、リバウンドしちゃって。
そして麻の実やニガシードなどが大好物。



CIMG5878.jpg
※クリックで拡大します

一番よく飛ぶし、立派で美しいローズなんだがなあ。
A動物病院の先生に開ちゃんを見せたら、卒倒なさるんじゃないかしら。

さらにエサとおやつを減らすぞ(`・ω・´)
飼い主もな。

スポンサーサイト
  • エサ減らしすぎた


ぴのこと玲のケージカバーはペッズイシバシの既製品でした。
薄いビニールでできていてナナがかじって穴を開けるので、
もっと噛むに適したおもちゃを乗せておきました。


CIMG5884.jpg
いい感じです(・∀・)



CIMG5893.jpg



CIMG5894.jpg
透明カバーを自作してぴのこと玲にプレゼント。
前のは飼い主から見ても鳥さんがぼやけるし、
鳥さんから外がはっきり見えないような気がして。
ぴのこと玲には、手乗り&馴れてる荒鳥さんの行動をまねしてほしいです。

ナナ、こんどは養生テープを噛んでいたから、
やっぱおもちゃ乗せておこ…



朔がまた産卵しております。
CIMG5888.jpg
朔の卵1個目を擬卵にすり替えると、
「あれ? さくのたまごどこ? あれ? あれ? これだったっけ」
と探すそぶりを見せ、あやしみながらも擬卵をクチバシで撫でていた朔。
次の日擬卵を1個足すと、完全に疑っていました。
「このたまごどこからきたの? まさかりりちゃんが? でもどうやって?」
と隣のココ・リリケージを不思議そうに覗いていました。
次の日自分で1つ生み足すと、擬卵を1個「これはちがう」とポイしていました。
どうも、形は見分けられるし、数も数えられるらしい。
でも擬卵1個には騙されている(* ̄m ̄)ぷぷぷ
飼い主は「まぁまぁ」といいながら、擬卵を次々追加して5個にしておきました。
(朔は2個生んだだけ)



CIMG5897.jpg
エサを減らして、朔とツビくん合わせて7gにしたところ。



CIMG5899.jpg
朔・ツビくんケージは特別配置により、
2羽で一緒に食べられます。
仲もいいしね。





CIMG5900.jpg
放鳥時はカーテンボックスの上にばかりいた朔も、
エサが減ったのでおやつを食べに、
久しぶりにやってきました。



CIMG5901.jpg
エサを減らしすぎて、女子は食欲が増してしまった。




CIMG5917.jpg
久しぶりにオーツ多めに出したら、
玲ちゃんが喜んでずっと噛んでいました。
周りにこぼした皮を拾うぴのこ。



CIMG5918.jpg
でもしばらくすると…



CIMG5920.jpg
ぴのこ、玲ちゃんが食べているのを奪って食ってました。
玲ちゃんも怒らずまた別のをついばんでは奪られていました。
仲いいし、ね…(・Θ・;)


ココとリリも、朝ごはんが奪いあいになり、
しずくはおなか減り過ぎて朝動けず、モモも久しぶりに飼い主におやつおねだり。
(しずくは保温設定を一時的に2度上げたら動きました)

エサを減らしすぎて鳥さんの行動が変わり…
体重はメスが増加、オスは1g減にとどまっています。
飢餓状態になってしまったか。
結局、焦った飼い主がエサとおやつを増量したりして、
意味わからなくなっています。

基本はアキクサは最低量(体重の10%)、セキセイはそれに1gプラスってとこかな?
ちょこちょこ調整してみます。

憂い目玲ちゃん。可愛い(。•_•。)



CIMG5926.jpg
桃のようなグラデーションのぴのこ。




CIMG5950.jpg
玲ちゃんも、かじり木コーンに乗った。




CIMG5939.jpg
もほほんモモちゃん。



CIMG5940.jpg
やっぱハルクインは目が大きいなー。
ハル、体重が測れていないけど、ちょっとスリムになったかも。
モモは32gでほぼベスト体重。



CIMG5948.jpg
モモ、足大きくて爪長い。
ハルは爪切りしなくていいの。一度もしたことない。
爪が伸びやすい個体と自然に削れやすい個体がいる。



CIMG5949.jpg
モモ、おちりがパフパフ開閉するのよ。





CIMG5945.jpg
吊り目がキュートなリったん。
47g…(理想は42g)。



CIMG5947.jpg
ツビくんは少しやせたかもしれない。
ぴのこと玲と同時放鳥でおやつゲットしにくいので、
特別に与えちゃったりして(・・。)ゞ



CIMG5956.jpg
もじゃもじゃした「デリチャ」という新しいおやつ。




CIMG5953.jpg


CIMG5955.jpg
ココとリリがいきなり食べたけど、
あとの鳥さんには不評…
オーツを食べるのが生きがいの玲ちゃんなどは、
ついばんでは「ペッ!」ってして、明らかにガッカリしてた。


※※※


こないだ、しずくが羽繕いをしているときにじろじろ見ていたら、
尾脂腺が赤く腫れているのを発見。
本やネットで調べたら、腫瘍だと治療が高度なものになると知り、
怖くなる飼い主((;゚Д゚)ガクガクブルブル

でも思い切ってA動物病に行ったら、
脂がたまっていたので出してもらっただけだった。
ニキビのような。
ただ、脂肪の袋ができていて、また溜まるよー、とのことだった。
薬の処方とかもなく、一安心。

先生の手をめっちゃ噛んで少なくとも5度は「イタタタタ」と言わせるしずくちゃんだった。
それでも先生は手袋をしなかった。
私でもあんなに噛まれる勇気はないわ。

待合室で「ジジジジジ!」と鳴くので、
「ポギヨ」とか「ホピョロ」とか「ピョリピョリ」とか言って、しずくをなだめた。
セキセイ語をマスターしてよかった( ̄ー ̄)
(そこにいらしたワンコの飼い主さんは気持ち悪かったかも…)

  • 手乗りナナちゃん

曇りや雨の日が多いため、写真が撮れず更新が間遠になっております。


今日は手乗りナナちゃんの写真をのせましょう。
CIMG5958.jpg
まったく手を怖がらないのはナナちゃんだけです。




CIMG5961.jpg
とてもくつろいでいます。



CIMG5964.jpg
じろじろ見てもいやがりません。




CIMG5965.jpg
…だそうです(●´ω`●)ゞエヘヘ
ナナちゃんダイエットできず…41gのままです。



CIMG5968.jpg
ナナのクチバシは長いだけでなく、幅も細いような気がします。
リリやツビくんのぷっくりしたピーナッツみたいなクチバシを見て気づきました。
ピーナッツのクチバシはめっちゃ可愛いですが、
なんだかナナの長いクチバシも見慣れてきてしまい、
それはそれで可愛い気がしてきました。




CIMG5970.jpg
あれ? ツビくんが巣をこさえてるの?





CIMG5972.jpg
アキクサのオスって巣作りするのかな?
おばちゃん、朔ちゃん卵産まないで欲しいなあ。
こないだはほんとに2個で終了でしたので、
擬卵作戦成功といえましょう。
さいきんはエサを低カロリーにして、発情も抑制したいと思っています。


※※※


以下はインコのエサ、配合餌についてつらつら考えていることをメモ。
興味のない方はスルーしてください。


とうとう最終手段、ヒエ・キビ・アワ=6:2:2ですよ。
この配合の科学的な根拠はよく分からないらしく、
一方、ヨーロッパのエサはキビとカナリーシードがメインらしい。
キビとカナリーをメインに配合する某エサ屋さんのサイトに書いてあった。
たしかに、とりきち横丁さんのドイツのエサもキビとカナリーが多い。
日本の穀物屋さんによると、
ヒエは日本独特の穀物なので、日本ではヒエを多く配合するのであろうという。

うちでは、しずくはヒエ派、モモがキビ派なので、
ヒエ:キビ:アワ=6:2:2だと、モモがかわいそう。
では4:4:2にしてみようとするとどうなるかというと、
この配合餌の脂質が2.7%と、めっちゃ低くなるんですね。

飼い鳥のエサの脂質は4%程度といわれていて、
3%なら低脂質でダイエットに適したエサ。
3%を切るとおそらく落鳥が増えてくるのではないだろかと推測。

カナリーシードがない時代、ヒエ・キビアワの3種混合だったら、
ヒエを6割にするのが一番うまく鳥を飼える、
と先人は経験からはじき出したのではないでしょうか。

6:2:2だとたんぱく質が10%なので、
(適正値は10~12%だそう)
低脂質なだけでなく、低たんぱく質でもあり、
かなりダイエットに効果がありそう。


うちは室内飼いで、そのうえ今の時期でもヒーター付き。
けんかしない者同士でケージに入れてあり、
放鳥も別々でストレスなし。
だから放鳥時間は短いし、鳥部屋の広さは7畳程度。
こう考えると、必要なカロリーも少ないのだろうなぁ。

今まで鳥さんが喜んで食べるエサを与えてきたけど、
「そんなに好まないけど、空腹なら食べる」程度の食いつきを目指すべきかもなあ。

  • セキセイズと体重管理


しずくの体重測定と爪切りをして、そのあと放してやり、
短時間だけセキセイ3羽の同時放鳥をしました。
嬉しそうなハルくん。
しずくは男子に迫られるのが苦手で知らん顔。



CIMG5980.jpg
モモが飛び入り。
貴重な3ショット(ピンボケだが)。



CIMG5982.jpg
しずくを見つめるハルくんと、挙動不審なモモ。




CIMG5983.jpg
早く止まり木タクシーで迎えに来なさいよ、と訴えるしずくさん。

このあとタクシーでお迎えにいったけど、
なぜかモモが乗ってしずくの邪魔をしたり、
しずくとハルくんを近づけまいとしずくを襲ったり、
案の定、混乱状態に陥ってしまった。
なんとかしずくをケージに入れて、ふう。



とくになにも起こらない動画。

3羽いっしょのとこ残しておきたくてね。




初めて、全羽の体重を把握。
体重管理

「理想体重」は甘め。
朔なんか30gって言われてるし。

しかしハルはでかいなー。
2013年10月には38gってブログに書いてあるけど、書き間違いじゃないよな(;´・ω・)?
現在54g。
体格がいいからと考えていたけど、飛び方も重そうだし、
若いうちにダイエットしておくか。

ハル・開・ぴのこ・リリが特に問題だ。
リリの足の裏は今はいい状態。

おや。玲ちゃんがそこに乗るのは初めてだね。




CIMG5991.jpg
鳥部屋の高いところ。


CIMG5993.jpg
でしょでしょ。
いろんなところに止まってみてね。




CIMG6002.jpg
次の日には、玲ちゃん、パニックになって飼い主の部屋に迷い込みました。
ガラスにぶつかったりしていましたが、
様子を見ていたら床に落ちてしばらくじっとしていました。
そして、飛び立ったかと思ったら棚の中段に入っちゃった。



CIMG6003.jpg
まさか巣箱めがけて飛んでいったのかい?
玲ちゃんとぴのこはエサのプレゼントもしていない仲なので、
巣箱は当分要らないねえ。

あ、そうだ。
このとき玲ちゃんをつかまえて、爪を切ったのですが、
爪切りがプラモデル用のニッパー。
だいたいこのニッパーはプラスチックの足環をカットするもの。
ついでに玲ちゃんの足環カットしちゃいました。
別に本鳥は困ってなかったし、ひっかかる様子もなかったけど、
我が家では識別の必要もないもんね。



CIMG6014.jpg
ケージ背面につけた短い止まり木を正しく使う玲とぴのこ。
ココ・リリ、開・ナナ、ぴの・玲ケージからヒーターとステージを取り外しました。
しずくと朔は真夏以外は付けています。






CIMG5994.jpg
あら、ナナちゃんと開ちゃんが。



CIMG6001.jpg
とりきち横丁さんの天然コルクボード、だいぶ齧られていたので新調しました。
みんな喜んでいます。
開ちゃんは、ナナちゃんと一緒に遊べて嬉しそう。




CIMG6005.jpg


CIMG6012.jpg
そんなおふたりさん、数日かけて1g減りました。
開ちゃんがキビ派なので、ヒエ:キビ:アワ=5:3:2です。
2羽で10g。
今までのカナリーシード、オーチャードグラスも入ったエサが余ったから、
それをおやつにひとつまみ与えています。



CIMG6016.jpg
モモ32gで変わらずですが、
今日は何回も飼い主の体に止まってはおやつを催促。
手乗り崩れのくせに、ツボ突いてくるわ~(〃▽〃)