セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • 変わりありません


今日も可愛いリリちゃんです。




CIMG7149.jpg
ココとリリは飼い主の部屋に入り浸っていますね~。
いろんなとこに止まって遊んでいます。
他の子はそこまでいかないです。




CIMG7140.jpg
さいきんよくバードマットの床に降りているツビくん。
足が滑らないからかな? と思うと、床をつついてなにかをついばんでいます。





CIMG7123.jpg
どうやらツビくんが来てくれたのはおやつ欲しさゆえ。
そりゃあげちゃうよね!
クチバシについているのは菜っ葉だよ。



CIMG7139.jpg
UMJ工房さんで35cmと43cmのひのき止まり木を購入。
ナナと開が並んでいるのが可愛いな。
繁殖するペアではないけど、これはこれで。




CIMG7129.jpg





CIMG7134.jpg
飼い主に近づくようになったハルくん、
ケージに戻すのが難しくなってしまいました。
手で追い払っているのに、肩に乗ろうとしてくるんだもん(。•_•。)
スポンサーサイト




CIMG7152.jpg
隠れようとするコっちゃん。



CIMG7154.jpg
リリ。
おぉ、文鳥さんにはかなわないけど、けっこう餅。
お口が緑なのは豆苗のせいです。






CIMG7156.jpg
まぁるい。





CIMG7157.jpg
さらに肥えさせるつもりか。




CIMG7162.jpg
朔ちゃん。




CIMG7166.jpg
朔とツビ夫くん。




CIMG7177.jpg
きれいだわ~、ファロー。




CIMG7180.jpg
モモもこころなしかまぁるい。

みんなにダイエットさせているのですが、
体重の10%なんて朝エサを入れたらすぐ食べつくしてしまい、
午後、父がおやつをたくさん与えていることが判明。
ガツガツ食べるからつい…とのこと。

それじゃあ本末転倒だし、たしかに朝食べちゃったあとの、
空のエサ入れをつつく動作とか、
おやつへの食いつきぶりが半端ない。

急に冷え込んだこともあり、今日は好きなだけエサを与えています。
それでもモモは32gだったけど。



CIMG7202.jpg
玲ちゃん。




CIMG7205.jpg
ぴのこ。




CIMG7206.jpg
ぴのこ。




CIMG7214.jpg
ぴのこ。
この淡いピンク、好みだわ~。
お、12月5日で1年経ったね~。
ということは2歳だ。若いなあ。
まだ、心が通じるとこまではいってないですね。
どうなんでしょうね、筋金入りの荒鳥・玲ちゃんと同居してるからねえ。




CIMG7226.jpg
玲とぴのこ。




CIMG7227.jpg
いつもこんな感じ。
玲ちゃんとぴのこが出てくると、
朔とツビくんはカーテンボックスの上に避難。




CIMG7229.jpg
まったりしておられます。





CIMG7235.jpg
急にエサ食べ放題になって戸惑いながらもチャンスを逃さない開ちゃん。




CIMG7237.jpg





CIMG7238.jpg
しずくちゃんが続きます。




CIMG7239.jpg



CIMG7240.jpg



CIMG7241.jpg




CIMG7242.jpg
しずくちゃんのヒーター、60Wから100Wに替えました。
今年に冬も元気に越そな。



先日体重測定をしたら、ツビくんが43gもあって増えていました。
このペアはやはり2羽で6gくらいが適量のよう。
8gにしたら、朔が交尾行動をとりはじめ、焦っています。



CIMG7302.jpg
めげないツビくん。



CIMG7303.jpg
朔の扱いには慣れておられます。
4年前の12月3日に我が家にお迎えした黄君(本名)。
まだ4年、もう4年…
最初は飼い主にくっついて離れなかったけど、
朔ちゃんに興味を抱いてからは、
長期戦で接近していきました。
いまではすっかり飼い主から親離れ。

飼い主としては、人間をパートナーにするより、
鳥関係のなかにいてほしいので、もっともよい形になったかなと思います。
とても仲睦まじい朔とツビ夫くんです。




CIMG7304.jpg
ちょっとすねてるハルくん。



CIMG7305.jpg
それはあなたが48gだからです。おてぷだからです。
モモは代謝がよいので、おやつをたくさん与えても30g。
ハルは食べたら食べただけまるるん。




CIMG7311.jpg
午後の日差しで日光浴をする玲ちゃん。
やっぱり日差しを目に入れている…(・Θ・;)




CIMG7316.jpg
正面から撮るとアキクサインコの可愛さゼロ。


だがそこがいい(*´ω`*)




CIMG7317.jpg
なかなか心を開いてくれません笑




CIMG7320.jpg
父にオーツは1回5粒っていったら、
1日中、20分ごとに交代で放鳥して、
そのたびおやつをやっていた…ヾ(`Д´*)ノ





CIMG7326.jpg
今年の冬はよく出るしずくちゃん。
なるべく部屋もほんのり暖めるようにしています。
なにをするわけでもないけど、
金網越しに隣の男子たちにくっつくひとときのようです。



とうとう、モモとハルのケージにもヒーターをつけました。
去年はつけなかったと思うんだけど…
なんか今年は冷え込みが厳しいです。

  • 朔ちゃん卵産むかしら


ツビくんは、朔の背中には乗れませんが、
朔がピピピしている位置がよければ、
おやつ入れの上からなんとか乗ることができます。



CIMG7328.jpg
ほんとうは産卵抑制のため、邪魔するべきなんだろうか…
複雑な思いでいます。
このときは朔のおしりが遠かったのでうまく乗れませんでした。

すでにケージ底に産座をつくったり、でっかいためフンをしたり、
エサの要求鳴きをしている朔ちゃん。
ツビくんは必死でエサをほしがり、
ぴのこと玲ちゃんのおやつも食べてしまうほど。
(ぴのと玲はツビくんの迫力に負けて呆然としていた)



CIMG7332.jpg
朔がいる止まり木の真下に「巣」があります。




CIMG7333.jpg
この2羽(朔とリリ)は放鳥が別なので、
ふだんはまったく接点がありません。
珍しくにらみあっている2羽…(゚д゚;)





CIMG7330.jpg
そんなとき、のんびりとこたつにあたっている玲ちゃんでした。


いつものようにぴのこがケージから出てくると、
おやつ置き場にはまだツビくんと朔ちゃんがいました。




CIMG7336.jpg
本能に訴えかけるものがあったのが、近くでじっくり見ておりました。
いいかい? 次に玲ちゃんがピピピしたらこのようにするのよ。




CIMG7339.jpg
たのんだよ、ぴのこ!





CIMG7341.jpg
もっふり、ちょこんとナナちゃん。





CIMG7342.jpg
ナナちゃんはいまだにすごく人懐こいです。
寝転がって本を読んでいると、本や手に止まってカジカジしてくるし、
たまにつかまえても、手を恐れるようすがありません。

開がナナちゃんにエサのプレゼントをすることは非常にまれで、
2羽はただ同居してるって感じ。
むしろ開ちゃんはエサを食べられてしまって受難って感じであります…。゜(つω`)゜。

朔ちゃんに近づくぴのこ。
朔はいやそうな顔をしていますね。




CIMG7345.jpg
いままでは、朔とツビくんの時間をすこしとったあとに、
ぴのこと玲を出していましたが、
飼い主はぴのこをすぐ放鳥することで、
朔とツビくんの交尾を邪魔する作戦に出ました。




CIMG7346.jpg
しかしながらいささか手遅れで、
朔はばっちり産卵しております。
ケージ前方の隅に巣を作りました。これは後方から撮っています。
1個産んだ日にすぐ擬卵を追加。



CIMG7347.jpg
次の日2つ目の擬卵を入れましたが、
そのまた次の日に朔が産みました。
擬卵であることはバレていて、
自分の卵は中央に、
擬卵は転がして埋めています。




CIMG7350.jpg
ちゃんと自分の卵だけ抱いています。




※※※




CIMG7356.jpg
これはナナちゃん。
本を読む飼い主の手に乗っています。
この、鳥さんの足の感触を味わいたくて、
本をかじられてもいいので乗せてしまいますね。