FC2ブログ

セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・Θ・)

プロフィール

ココ

Author:ココ
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • 止まり木のツビくん

ツビくんのストッパー
朔と別居しているツビくん。
いままで朔に遠慮して止まれなかった場所によくいます。
やはり同居解消で正解だったのでしょうか。

止まり木には足裏保護のためのテーピングを巻いてありますが、
それだけではペローシスの対策にはなりません。


ストッパー2
ちょこっとだけ2重巻きにした箇所がストッパーになり、
足が横滑りしないようになっています。
これ教えてくれた人にほんと感謝してます。


で、何カ所かこういうとこを作ったんですが。



くつろぎポイント
止まり木のカーブしたところが好きなツビくん。
両脇のすこしぼこっとしたところがストッパーですが、
これは使わない、と。



そこ巻いてないよ
そこはテーピング巻いたらへんやん。



そやって使うの
あんな、両足をストッパーにひっかけて使うねん。




クッション?
ま、まぁいいか。
前回はキリっと立てるかと思って狭く作ったらまったく近寄らなかったので、
片方だけでも使ってくれれば。

左側のひときわ大きいストッパーに
おなかをつけて寄りかかっていることもあります。
あるものを上手に利用するツビくん。
ほんま賢いなあ。


今日の放鳥時は、
療養中の朔をケージの上から覗いたあとは、
飼い主の部屋に遊びに来てくれました。

床にいるツビくんを見るため、飼い主も横になって顔を床につけて、
ツビくんと鳴きまねのしあいっこするです(*´ω`*)

スポンサーサイト
  • またツビくんでスミマセン

肩に来た
ツビくんは飛ぶのが上手なんですが、
放鳥中に珍しくコントロールを失い、壁にぶつかりそうになりました。

ぶつかる寸前になんとか曲がって、飼い主の太ももに爪1本でつかまりました。
一瞬でいちばん衝撃を吸収する場所を見極めるとは、
なんて賢いのでしょう(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

飼い主もびっくりしながらツビくんをキャッチ。
しばらく両手で抱えていました。
我に返って大嫌いな手に噛みつく前に、
そっとケージの上にリリースしておきました。

そしたらあとでお礼を言いに来てくれましたよ。


ぽってりこ
肩に止まっていると、自分では見えないので悔しい。
写真を撮ったらこんな可愛い顔をしていました。
完全におなかで接地してるけど…




zzz
くつろいでいるようです(*´艸`*)
ありがとうなぁ、ツビくん。



これは前回撮れなかった、ストッパーを使うツビくん。

いや、やはり止まり木のカーブを利用しているのかな。
ストッパーを使うツビくん
完全におなかつけてますね。
私の指がこの止まり木になればいいのに~。
きっとツビくんのおなか、ホカホカふわふわですよ。


今日もツビくん自慢でした、
ごめんなさい。

セキセイ兄弟
今日も元気なセキセイズ。



おきにのクリップちゃん
モモは窓際ロープの、クリップのそばがお気に入り。



もっちりハルたろう
ハルはサボテン止まり木に止まっています。
この止まり木の小さな穴に、オーツを1粒立てておきますと、
手乗りでないハルにもおやつを渡すことができます。



近づいてきたハル
お、ハルが来ました。



遊ぶハル
モモのところに来るかと思ったら、
とちゅうでびわボールに気を取られて、結局来ませんでした。



首傾けてください
な~んだ。
モモハル2ショット撮ろうと思ったのにね。





つるつるナナちゃん
意味なくナナ。つるりんこ。




プラ
リリの巣は、押さえのパーツをかじってしまったため、
箱が壊れ、撤去しました。
かわりにかじれないプラスチックの容器を置いておきました。

それでも入り浸っているリリさんでした。

おはようコったん
晴れました。
今日は暑くなりそうです。


凛々しいコったん
鼻毛も白飛びしています、ココちゃんです。



ももいのもいもい
飼い主の目の高さでくつろぐリリ。




ぎくぅ
とりあえず巣を撤去したら、
巣探しや産卵は落ち着きました。
そしてやっと飼い主の近くにやってきてくれました。




貫禄…
なんという厚みのある仁王立ち。←適切な語彙が見つかりません。
リリちゃん、卵産まないならダイエットね。




こちらはぴのこ・玲ケージに張り付くモモ。
カバーをとったので、ストーキングが始まりました。
もてもて玲ちゃん




見えてないね
左目は見えていませんからね(*´艸`*)
ほかの子だと逃げたり威嚇したりして、
かえってモモが喜んでしまいます。





ふしぎだね
モテたのは、朔にだけですよ。




一応仲良し
玲ちゃんはぴのこがお気に入り。
ぴのこも出会ったとき若いナナではなく玲ちゃんを選び、
玲ちゃんに従って、仲良く暮らしています。



後光
ひよこまんじゅうが床に落ちてるぞー。



カメラ目線のひよこまんじゅう
朔が放鳥できるようになったら朔にピッタリ寄り添うでしょうから、
期間限定の甘えん坊ツビくんです。




さて、玲ちゃんの正面顔を撮ろう。
はい?




ちょい
こっそり顔の角度を変える玲ちゃん。




回り込んでみた
それに合わせてこちらもカメラを回り込んで撮ったら、
すごく焦っていました。
それだけの3枚の写真でした。



  • ツビテープいっぱい買っといたし

玲ちゃんを守るツビくん
なぜか玲ちゃんを守るツビくん。
ぴのくんは飼い主からへっぴり腰で逃げてしまいました。

あら~玲ちゃん、うっかり惚れちゃう??


ちゃうんやて
違うのね(*´艸`*)




おっ、ツビくんがストッパーを使っている!
ご利用ご利用




おおきに
ちゃんと分かっているツビくん。
このテープをこちらで5つも買っておきました。



かっこいい~開ちゃん
開ちゃんも相変わらずかっこいい。

本日はこれにて。
熱中症の話は後半です。



だいえっつ
すごいなリリちゃん。
こないだ51gだったのに、42gになってる。
いまリリとココ2羽でエサ7gです(おやつ除く)。
さいきんは放鳥時、ずっと床でぼーっとしています。




beautiful.jpg
ココはリリに付き合ってぼーっとしたり、
びゅーんと飛んだり。
セキセイは「バババババ」って飛びますが、
アキクサは「ホユユユユ」という羽音がします。




pinkandyellow.jpg
アキクサノーマルの茶色い羽根の、
ピンク~黄色の縁取りが綺麗。



この辺がですね
薔薇色と空色のおしりも素晴らしい。




ヘンタイでよかった
ジロジロ見ちゃうよね~。


※※※


今年の7月の猛暑で、ハルと開が熱中症らしきものになったので
記録しておきます。

鳥部屋にはエアコンはなく、
隣の飼い主の部屋のエアコンで冷房します。

36度とか40度とかになる日、
朝から28度設定で冷房をかけても鳥部屋は31度でした。

それは大丈夫なのです。
それ以下にすると今度は朔やナナが寒がります。

ところが、夜中まで31度が続くと、暑がりの個体は参るらしい。
本来気温がさがるはずの夜中の31度はダメなようです。

それはいけません
開ちゃん、苦しかったよね、ほんとにごめんね。



鳥部屋と飼い主の部屋の間の引き戸を開けて、
冷房をかけたまま寝たのですが、
熱がこもっていて鳥部屋は31度以下にはなりませんでした。
(黒いカバーもかけていますしね)

そしたら朝、ハルが目をつぶって「ううー」という顔をしていたり、
開がエサを食べたいのだけど食べられなくて、
「オエ」と水を吐いていたりしました。




この本によると、
「熱射病」は脳や臓器に取り返しのつかないダメージを与え、
脱水から最終的に死にいたる場合もあるとのこと。
(30度以下でも発生する可能性あり)

飼い主真っ青になりましたが、
朝から暑いので、キャリーに入れて車で動物病院に行くとかえって危険。

朝の世話をしている間に室温を一時的に28~29度にしたところ、
ハルも開も体調は回復しました。
それ以来、日中は31度、夜は28~29度にしています。

うちの鳥は31度は大丈夫だと思っていたために犯した失敗でした。
鳥を危険にさらしたことを不快に感じる方もおられるかと思いますが、
参考にしていただけるかもしれないと思い、記しておきます。
ぎゃー!!
接写
ほぐしたい右手を抑えるのに必死。
玲ちゃんで我慢しよう。
(玲ちゃんは簡単に捕まえられる)




さ、お口直しにつるりんこ。
つるりんこで口直し
(ナナです)




さて、約1カ月ぶりに朔を放鳥しました。
風切羽が全部生えるのにけっこう時間がかかりましたね…
2日前にはまだ飛べなかったですが、やっと今日飛べました。
まんぞく
まっさきにプラスリンを食べに行く朔。
そういえばケージの中には入れてなかったもんね。
右の翼の下のほうが乱れています。
傷跡が残ってしまった。

今回朔のけがをきっかけに、ツビくんと別居させてみました。
朔がいると、ツビくんが止まりやすい場所を奪ってしまうので、
このまま別居でいこうと思います。
ツビくんとの再会はわりとアッサリしたものでした。




次は開。
張り切る開ちゃん
おっ。
昨日の朝も調子悪そうだったんだけど、今日は大変元気。
ビュンビュン飛んで、ケージの上のツビくんに威嚇したりも。




ハル元気かい
掃除機をかけると、部屋が暑くなりますね(´・ω・`;)
窓際のケージが暑かったハル。
このあと冷房を強めにかけて室温を下げました。

ハルもすっかり元気。
「ピョリ」鳴きも大きいし、キビのおやつをモリモリ食べています。