セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

※以下の内容は、決して正しいわけでも
 おすすめするわけでもありません(・Θ・)ゝ゛
 試行錯誤中で、「間違ってた。変更しよ」と、ときどき修正しています。
 万が一参考にされる場合も、
 いろいろな立場の方のご意見を参考に、自己責任にてお願いします※


CIMG6162.jpg
セキセイインコのエサ、アキクサインコのエサは、
我が家では共通の配合餌です。
毎日3~4g(季節・体重による)与えています。
体重の10%というのが定説でしたが、
最近では6~9%でよい、という説があります。
実際10%では太ってしまったので、基本的には1羽3gにしていいます。
毎日食べ足りないくらいの量を与え、翌日は殻を捨てて新しいエサを入れます。

洗浄ボレー粉(配合餌100gに対し5g)と乾燥ハーブ類も
あらかじめ配合餌に混ぜてあります。

毎日青菜も与えます。
小松菜・青梗菜・豆苗・サラダ菜・水菜・パセリがよいです。
ほうれん草もたまにならいいそうです。


CIMG6165.jpg
毎日、ネクトンS(換羽期はBIO)とネクトンBコンプレックスを与えます。
どうも鳥さんの中に内股っぽい子がいたので、
脚気にならないようにネクトンBも追加しました。
ネクトンは飲み水に溶かした方がよいようですが、
一日一回しか水を交換できないので、エサにかけています。
(前日、小さいタッパーに翌日分のエサを測って入れ、
 ネクトンをかけて準備しておきます)

アルミ蓋に爪楊枝で3つ穴を開け、塩コショウみたいに振って使います。
湿気に弱いため、
大きなタッパーに乾燥剤を入れ、ネクトンの容器を入れて保存しています。



CIMG6163.jpg
現在のエサの配合率は、
そのう炎になりやすい しずく用にヒエ60%・キビ20%・アワ20%、
ほかの子にはヒエ40%・キビ40%・アワ10%・オーツ5%・オーチャードグラス5%、
といった感じです。

獣医さんにうちの鳥さんはみな肥満気味と指摘され、
カナリーシードを抜いた質素なエサを与えています。
チャカチャカ動くセキセイはまだマシなほうで、
おとなしいアキクサは実に太りやすいです。



体重測定は、手乗りの子はおやつ入れをキッチンスケールに乗せて測ります。
荒鳥は捕獲してプラケースに入れて測ります。
捕まえるときは、部屋を暗くして、タモをソフトにかぶせて捕まえます。


おやつはオーツやフォニオパディ、キビを少量。
果物や粟穂は与えていません。



CIMG6166.jpg
塩土は与えていません。
代わりにプラスリンを与えています。
鳩用の鉱物飼料ですが、よくついばんでいます。
CIMG6168.jpg
スポンサーサイト