セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • 時間が足りない~

うねうねハルくん
ハルくん、人に見られるのには慣れていて、
ケージの傍に私がいても平気です。
しかし、カメラを向けると逃げます。

探しています



フレンドリー
一番最初に興味を示して、ハルケージに乗ったのは開でした。



開のいいとこ
ハルはセキセイばかりのケージにいたため、アキクサのことを認識していません。
逆に言うと、こわがることもないです。



ツビくんとハル
まずは環境に馴れることからです。
朝はハルを放鳥・捕獲する時間はないですし、ハルだけは掃除を父がやっています。
先住鳥から見て、私がハルに構っているようには見えない、
というかほぼ無視しているように見えるはずです。



モモを観察
ハルはモモにだけ関心を示していて、
モモがペンペンと遊んでいるのを、この恰好でじっと見ています。



ステージの上に座りっぱなし
ツビくんは、朝、すぐにステージの上に乗るようになりました。
ハルがバタバタするのが気になるんでしょう。


ご飯食べるツビくん
こないだ結膜炎をやったばかりなので、ストレスを感じないか心配です。


振り返リリ

お手入れリったん
一番割を食ってるのは、ココとリリでしょうか。
手乗りだけど、忙しくて構えないと2羽で遊んでいるので、
ますます構わなくなってしまって。
3連休は一緒に遊ぼうと思います。




わりと

近づいても

大丈夫
朔もツビくんにはだいぶ慣れました。
時間が経過して、鳥関係が和やかになってくるのを見守るのが好きです。



<おまけ>
撮りたいが撮れない
飼い主の思惑通り、かじり木コーンをツボ押しに使ってくれてる しずくさん(。・m・)
スポンサーサイト