セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

ここんとこ、モモがまた遊んでくれなかったので、
今日は工夫をしてみました。

実はモモは逃げ足が速いので、
自分からケージに戻る点が非常にありがたいのです。
10分くらいで戻ったときに、「今だっ」とあわてて扉を閉めていたですよ。

kaeranakya.jpg
そしたら、おやつを食べただけで遊びもしないで戻ることもあって、
「もういいの・・・(´・ω・`)?」
ということが続いていました。





そこで、いったん戻った時に閉めないでまた出てくるのを待ってみました。
ほかの子は1時間放鳥されているので、不公平ですからね。

deteiino.jpg
「開いてる・・・出ていいの??」
3~4回は出入りしていましたよ。
最高にご機嫌とはいきませんでしたが、久しぶりに遊んでくれました。


最近、両親に孫が生まれました。
わたくしは独身ゆえ、これは弟の子でありますが、
父は大変デレデレです。
そのため、若干、鳥の写真をプリントアウトしてくれる頻度が下がったかな、と・・・
意識が鳥よりは(当然)孫にいってるかな、と思います。

一日4回も放鳥されるよりはいいのですが、
モモはその父の意識の変化に気づいているのではないかと思いました。
最近鳥にケージに戻る訓練をしているとかいっていましたし、
ケージに戻れば褒められると思っていたのかもしれません。

なんにしてもナイーブなのですね、モモは。

しずくのほうは私に対して非常にドライです。
換羽中でしんどいのかもしれません。
写真は撮れませんでしたー。





やや大きい写真はサムネイル表示にしているので、
めんどくさくてごめんなさい。
縮小するのが勿体ないときがありまして・・・


aiarumanazasi.jpg
朔と開が近づいてアイコンタクト(*´ェ`*)


pyoko.jpg
トンネルから顔を出すリリ。
私は放鳥中に鳥部屋に出入りするたびに、
外に出ている鳥のいる場所を確認するのですが、
ココは保護色のため、リリは狭いところが好きなため、よく見失います。

私が「ココちゃーん、どこですか」
と何回も言っていると、ココが身じろぎして教えてくれます。
「リリ子さーん。リリ子さーん」
「チヨ」
今日はリリが鳴いて返事をしてくれました。

また、床に寝ころんだり腹ばいになっていると、
ココとリリは無言ですが大喜びしている様子。
手にしているカメラをかじったり、体の上を走り回ったりします。
リリはキスをいっぱいしてくれました。



bintyoutanswing.jpg
少々爪が伸びてきたので、ココに再び備長炭ブランコを。
スポンサーサイト