セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

最近、開がケージに戻りません。
下記の図のように、
手乗り扉に戻るとみせかけて、ケージの上に飛び乗って胸を張ります。
父がこれを15回もやられたそうで。


無題



黙ってやらせといたんかい。
こういうときは遮光カーテンを閉めて電気を消し、
暗くしてタモでソフトに捕獲します。
そうすると、
カーテンを閉めはじめると、いそいで自主帰宅するようになります。
特に開はタモを見せるとささっと戻るよ、と
父に言っておきました。

で、今朝私もやられたので、捕獲しました。
みんなの体重測定と爪きりをしていたので、
開も爪切りをすることに。

003_20140731164643f44.jpg
でかくて片手で保定しにくいので親指と人差し指で首を持ってます。
開は軍手をカプーっと噛んでいました。
そして爪を切ろうとしたところ…


001_2014073116464182e.jpg
ぎょえ~っΣΣ┏(_□_:)┓
なにこの緑の足! カビ!? 
ってか、赤い、赤いタコが!!

002_20140731164642052.jpg
両足や~っ( ̄■ ̄;)!


緑なのは、おそらくフンを踏みしだいているからだと思います。
放鳥中、ツビくんちにあるステージにずっと乗っているので。

しかしこのタコはアカン。
開は58g。
体重重すぎの証。
ほっておくと潰瘍になったりするそうです。

そして、コレの前に、久しぶりにココとリリの体重測定をしたんですが、
ココ53g、リリ49gと、こちらも肥えておりました。
(アキクサオスは標準45g、メスは40gくらいとのこと)
リリも赤いタコあります。

他のアキクサブログを徘徊していても、
やっぱこれは重い部類みたい。
よし…ダイエットしましょう。目標は、
開:52g(-6g)
ココ:48g(-5g)
リリ:42g(-7g)

な、7g…そらタコもできるわっ
ちなみに、3羽ともよく飛び、見た目や動作から肥満だとは思えません。
飼い主の基準がぽっちゃり好みなもので、
危険だと認識してなかったんですね。

ちょうど、こないだから開のエサを5gにしています。
ヒエとアワを残すのでもったいないから、という理由でしたが、
カナリーシードばかり食べていた開が、
仕方なくすべてのシードを食べるようになりました。
アキクサインコには5~7g与えていたのを、皆5gにしようと思います。
ほんとに餌の重量、体重の10%でいいんですね。


3年飼っててこのざまです。
止まり木どうこうじゃなかった。
最近体重測定もしてなかったしな~。
ココを48gにキープしようとエサを減らしていたときもあったのにな~。
あ、そっか、昨秋に飢えさせた失敗の反動か・・・

初心にかえります。



004_201407311646459bf.jpg
さて、午前中はハルは一羽でしたが、
午後はモモとハルを放鳥しました。
飼い主はほとんどほったらかしで、なにもしません。
すると、ハルが当たり前のように水浴びをし始めました。




いちおう証拠動画。平凡です。




007_201407311647079f2.jpg
ハルっぽけ子、おまえ、図太いな。



012_20140731164708516.jpg
飼い主の部屋にもズカズカ入ってくるし…
非手乗りの限界で、
さすがに飼い主の体に乗ったりすることはできませんが、
世話係風情をおそれる必要はないとハルは思っているようです。
スポンサーサイト