セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

121122momo1.jpg
モモは、エサを食べおやつを食べては、
備長炭ブランコの端っこ「すみこさん」にデロデロプレゼントをしています。

121122momo2.jpg
青菜もプレゼントします。
こういう典型的な吐き戻しは初めてです。
モモ1歳半。


発情期なんですね。
しずくも頻繁に「ジージー」「ギッギギギ」とうるさく鳴いています。
その代り、攻撃的というか積極的になっているので、
青菜を入れる手に近づいてきたり、顔を近づけてもじっとしていたりします。
121122sizuku5.jpg


121122sizuku3.jpg
備長炭ブランコはお気に召したようです。
しずくの世界はケージの中だけ。
そこにいきなり未知の物体が入ってきて、厭だったと思うんですけど・・・
ちゃんと慣れて偉いですね。



ehen.jpg
みんな、透明カバーを貼り合わせている養生テープが好きです。

kaimokajikaji.jpg



nakayokukajiru.jpg
開と朔で仲良く・・・・・・かじらないでくださーい!







放鳥時に、また私の気まぐれでアキクサ4羽をいっぺんに出しました。
座って様子を観察。

開がリリに近づこうとすると、
ココがバババババと飛んで開を追い払いました。
リリは雄同士の闘いには興味ないわ、というフリをしていましたが、
ココに対しては強気なのに、開のことはコワイみたいです。
開が飼い主に近づけないことをよく知っていて、
ちゃんと飼い主の肩の、開から見えない側に乗っていました。






kaiinthelilyscage.jpg
追い払われた開は、リリケージの手乗り扉に着陸。
中に入って、すっかり気に入った模様です。



121122cocolily1.jpg
空いた朔&開ケージに、ココとリリを誘導してみました。
これ以上の接近はなし・・・



121122cocosaku1.jpg
珍しい2ショット、ココと朔。
朔は開の後ろについてすぐ出てきたのですが、
ココとリリがいることに気付いて、
カーテンレールの上でずっと気配を消していました。

朔は威嚇したり目を逸らしたりしていました。
一度だけ、ココが朔に飛び蹴りをしました。
うーん、初対面のころと変わりません。



そこではたと気づく飼い主。
これはどうやって4羽を戻したらいいのだ・・・
開をリリケージから2回追い出しましたが、そのたびにまた舞い戻ってしまいます。

とりあえず、リリをココケージに入れ・・・
朔を開と一緒にし、
ココは朔と開のケージに入れました。
もーめちゃくちゃ。
みんな他の仔のおうちが気になるんですね。
朔もふつうにリリケージを楽しんでいました。

その次の放鳥で元通りに戻しました。
大変だからもうせんとこ^^;
スポンサーサイト