セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • 黄君ようこそ我が家へ

今日は写真がありません。
撮りたいのをぐっとこらえています。

イエローファローの男の子、「黄君(こうくん)」をお迎えしました。
2011年の3月生まれ(で合ってますか?)、朔と同じくらいの年齢です。

元親さまは「アキクサピンクだるまと一緒♪」のとっちゃんさま。
病気療養のため、手放されるということでした。
ブログを拝見していましたので、それなら黄君をお世話しようと、
手を挙げさせていただいたところ、
とっちゃんさまの溺愛している黄君を私に・・・といっていただけました。


仕事の都合で今日お迎えに行きました。
婿入り道具を大きなバッグに頂いてきました。

帰りに直行した動物病院でお迎え健診をしましたが、
とーっても健康でした^^
(むしろうちの仔らを健康診断しなくては)
「今何羽になりました?」
「7羽になっちゃいました」
当初、連れて行くたびに新しい鳥でしたからね~、
今日も先生笑っていました。




黄君はペローシスのある仔で、私はインコ飼育歴も浅く、
ペローシスについてはほぼ無知であります。
事前に用意した止まり木も、黄君は止まりにくそうにしていました。
すごく足が滑ってるんです。
サボテン止まり木なら大丈夫だと過信してました。
ごめんね、黄君。
元のおうちで使用していた止まり木をいただいたのでつけたところ、
さっそくそれに乗って動かなくなりました。

エサ入れがまた合わなくて・・・
浅型バード食器Lにしたんですが、角が丸いのがすべるようでした><;
体がすっぽり入っちゃう長方形の容器がいいみたい。




さて、黄君をケージに入れて、他の仔のお世話と放鳥をしました。

モモが勢いよく飛び出すと、黄君はケージの中で飛び上がりました。
セキセイインコは初めて見るかしら。
黄君の飛び上がるのがこわいのか、モモは気になるくせに見えないふりをしていました。
いつもどおりエサを食べ、短時間でケージに戻り、「すみこさん」にデロデロ。
な~んだ・・・
そうそう、モモは意外にビビリでした。


ココとリリは、飼い主の体に止まって、黄君を覗きました。
リリは黄君のケージの天井に乗りました。
透明カバー越しに、黄君は縄張りを主張?
それともリリを女の子と認識??
胸を張る仕草をしていました。

ココはそれを見て、ムカッときたみたいですw
ココは乗りませんでした。



朔と開を放鳥すると、
開が黄君ケージの天井にまっしぐら。
開のあとから朔も乗りました。
びっくりな反応。
そしてひたすらそこに居続ける開・・・

いったん開と朔を追い払うも、
開は舞い戻ってただ乗っています。
そういえば、開はリリが来た時も興味津々でした。
朔とも同居できているし、意外に社交性がある仔なのかしら。


黄君はローズの雄は元親さんちで見たことがあるからか、開に対してはあまり騒ぎません。
あと、リリと朔のことはじっと見つめていました。

むしろ、天井の透明カバーに落ちたフンをティッシュで拭う飼い主の手に「シャー」です^^;
ケージに手を入れるとホントにウネウネシャーシャーです。
その動きが可愛い(*´∀`*)
いろいろ用品の位置を修正しなくてはいけないので、
そっとしておこうと思いながらウネウネさせてしまってます。


飼い主はこれからハードな一週間に突入・・・
黄君をもっと見ていたいのにぃ。
父に構ってあげるよう、頼んであります。
スポンサーサイト