セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・Θ・)

プロフィール

ココ

Author:ココ
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

  • リリが卵詰まりじゃなかった話


すこし寒波がゆるみましたかね。
午後の鳥部屋は暖房と日差しでぽっかぽか。




CIMG1387.jpg
しかし飼い主には心配なことが。

それはリリのお尻がぽんぽこりんになって、
脚がふんばれないくらいになっていること。



CIMG1389.jpg
前回までの抱卵の際は、こんなことにはなっていなかったはず。
お尻が腫れだしてから5日くらいでしょうか。
次の卵を生まないので、「おかしい、あれはヤバイ」と思えてきました。



CIMG1391.jpg
羽毛をかきわけてマジマジと見て、そっと触ってみたりもしたのですが、
なんか皮膚の下が内臓っぽいんです(当たり前か)。

でも元気はあるんです。
ごはん食べすぎてそのうもパンパンです。

とにかく、動物病院に行きました。
そしたら触診して、「卵はないですね」と獣医さん。
飼い主にも触らせてくれました(よく分からんかったけど)。

「でもこんなに内臓が…これが普通なんですか?」

「年を取ると…」
獣医さん、飼い主を見て申し訳なさそうな顔をし、
「筋肉が弱って、内臓が下がっておなかがボテっとすることが…」

ΣΣ(゚д゚lll)ガーン!!


分かる、分かるよ、リっちゃん…!!


飼い主はこの動物病院には80%くらいの確率でフライング受診しています。
(実際は問題ない)

「またやっちゃった…!」
飼い主がつぶやくと、獣医さんはニッコリして、
「いえいえ、安心していただければ」
と言ってくれるのです。

しかも、こういう診察だけの場合、料金が820円とお安い。
もう一軒の獣医さんは1500円くらいです。
ですので、この動物病院は大人気です。
ますますのご繁盛と人手の確保をお祈りするところです。


しかし、アキクサインコは童顔なので、
私はいまだにリリをベイビーちゃんだと思っていました。
来月末で6歳か…
室内で保温して飼っている鳥の6歳は、ぜんぜん若いと思っていましたが、
獣医さんには「年を取った」と言われてしまいました。

やっぱり「老いじたく」しておいたほうがいいんでしょうね。


 (↑細川博昭さんの鳥の本は大好きです)

とりあえず、保温設定を上げて、卵詰まりは予防しておきます。


追記:だってこんなんですよ…? 心配になるよね…

CIMG1397.jpg


CIMG1396.jpg
スポンサーサイト

コメント

ですねー。
8割以上フライングしてます。
ひとまず安心したい気持ちが先立ってつい…

うちの鳥の老いじたくかぁ。
買っちゃおうかな…
この本は、具体的にこういう工夫やアイテムを使おう、
というよりは、心構えのようなことが書いてあります。

鳥の病院に通っておられるミーちゃん代理さまなら、
たぶんすでに心得ておられるのではないかという内容かも。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する