セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>


「大阪のお母さん、お元気ですか」


121221koukun4.jpg
「僕なあ、夜中に寝ぼけて止まり木から落ちるねん。
 僕、ここどこやろ、って分からんようになってもて」


121221koukun2.jpg
「床でじっとしとると、布が上がって、
 『どうした? 大丈夫、ツビツビ?』っておばちゃんの顔が出てくるんやけど・・
 ツビツビってなんやろ??」



ココケージに帰ったリリが夜中に寝ぼけるとか、
朔がパニクるとかして、黄君もつられてばたばたすることがあります。

布をめくってみると、黄君がバードマットの上に落ちています。
上を向いてフリーズして、一生懸命状況を理解しようとしているみたい。
「ツビツビ」と声をかけると、
サカサカっと前面へ出てきて、私の顔を見て、ようやく納得したように、
止まり木へ飛び上がります。

「ツビツビ」というのは、元親さまが「チビ夫君」→「ツビ夫君」と呼んでいたのを
教えてくださったもので・・・
お迎え当初は「ツビ夫君」と呼んだことで「この人は信頼しても大丈夫らしい」
と思ってもらえました。

被捕食者である鳥は今を生き延びるために、
その記憶や感傷の持ち方は人間とは違うと言われています。

とても早く環境に慣れた黄君ですが、それでも時々、
前のお母さんやおうちのことを恋しく思うことがあるのではないかなあ、と
思ってしまうことがあります。

ニセ関西弁に対するお叱りはご容赦下さい^^;

※※※




モモがおやつを食べては「すみこさん」にてんこ盛り吐き戻しているので、
可哀そうになり・・・

issyonisitemita.jpg
短時間ですが一緒にしてみました。
しずくはドッキンチョで警戒気味→
←モモは気を鎮めるためとりあえず豆苗を食べています。


love.jpg
両者換羽中でスミマセン。


lovelove.jpg
ほのかにラブが醸されて・・・?



いつも金網越しなので、セキセイが一緒にいるのが新鮮な飼い主。
以前よりはしずくも丸くなったようで、
緊張感はありながらも楽しい束の間のデートでした。



※※※



走り回ってブレるリリ。
hashirulily1.jpg

hashirulily2.jpg

hashirulily3.jpg
せかせかバタバタ・・・実に楽しそうです。
スポンサーサイト