セキセイインコとアキクサインコ

セキセイインコ3羽とアキクサインコ8羽を飼っています(・θ・)

プロフィール

ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)

Author:ココ(鳥の名前でもあり、飼い主のHNでもあります)
休日は日がな鳥とたわむれています。
この鳥日記にオチはありません。
ご了承ください<(_ _)>

アキクサインコ、ローズ、オス、荒鳥の開です。
tosaka.jpg


2011年の大晦日、朔を買ったのと同じBCY瑞浪店で衝動買い。
このとき1歳すぎだとのことでした。

52gあって、お迎えして数日は家族で「でかっ」「でかいな~」と言い合っていました。
朔はヒエが好きでしたが、開はヒエを食べず、ダイエットの必要もあるので、
配合餌の研究をすすめました。
でもダイエットは失敗・・・現在58gになっています。


荒鳥で成鳥の開が来てから、朔も開と一緒に放鳥できるようになったし、
ココも鳥同士のコミュニケーションを学ぶことができました。

035.jpg


来てすぐ大きな声で「キウイ! 千の利休!!」と鳴いていました。
ココはまだ「チヨチヨ」いっていましたし、
開のオス鳴きや胸を張る仕草などが物珍しかったです。


朔と一緒にしてみると、
「これおれんち」「これおれのエサ」って感じで威張っており、
朔はエサ入れの下にひっそり隠れていました。
そうかと思うと、朔が威嚇をしたり。
120103kaisaku.jpg


あきらめきれず同居させたり、「やっぱだめだ」と別居させたり試行錯誤のすえ、
いったん小さ目のケージにそれぞれ入れて、お互いを意識させるように並べておきました。
5カ月後にはなんとか同居させることに成功しました。


hosonagaikai.jpg
最初はあまり美しい鳥ではなかったのですが、
次第に頭のメラニンが少なくなって、ピンクも濃くなった気がします。
腰の羽は水色ではなく、黄緑です。




こうして床に降りることもできるようになりました。
osaraninorukai.jpg





tuntukukai.jpg

ピンクのモケモケで、頭がよくて、鳴き声も素晴らしい、飼い主のひそかなお気に入りです。
スポンサーサイト